市長コラム「手をつなぐ樹」第169号 少しでもお役に

2011年1月20日 登録

調布市長 長友貴樹の写真

少しでもお役に

 新年を迎え、関東地方は比較的穏やかな日和に恵まれ幸運だったが、他の地方では昨年末以来、厳しい天候が続いているようだ。
 その中で、山陰地方を襲った寒波による記録的な大雪も各地で甚大な被害をもたらしていることが年初来、大きく報道されている。山陰と聞いて、即座に境港(さかいみなと)、安来(やすぎ)両市の状況がどうなっているか心配になった。いうまでもなく、昨年のNHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」放映に関連する諸事業では、水木しげる先生ご夫妻の出身地である両市の多くの方々に大変お世話になっていたからだ。
 調べてみれば、やはり境港市で多くの漁船が沈没・浸水したほか、安来市においても住宅の損壊や農業用ハウスの倒壊などで大きな被害が生じているとのことだった。漁船の沈没を目の当たりにして、「もう漁業をやめざるを得ない」と言われた方もおられるとのことだ。
 今後とも末永くお付き合いさせていただく両自治体の窮状に接し、可能な支援を考えさせていただきたい。市民の方からも同様の声が寄せられている。
 そこで、2月15日までの期間、水木プロダクションのご協力も得ながら、見舞金を募らせていただいている(註)。皆様のご協力を切にお願い申し上げます。

調布市長 長友貴樹

(註)詳細は、3面の「ゲゲゲで育む「ぬくもりお見舞金」のお願い」をご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。