市長コラム「手をつなぐ樹」第174号 四季の移ろいに

2011年6月5日 登録

調布市長 長友貴樹の写真

四季の移ろいに

 今年は、入梅が全国的に平年より早かったようだ。ということは、梅雨の期間がいつもより長くなるのだろうか。まあ、そうだとしても、明ければすぐに入道雲が空を占め、一年でもっとも躍動的な季節がやってくる。
 また、振り返れば先月は、例年通り新緑が目に鮮やかな中で、さわやかな五月晴れの日が続いていたし、それ以前には、桜が今年も見事に咲き誇っていた。
 そう、四季の移り変わりには何の変化もない。ただ、日本全体に、自然界の転変を心地よく受けとめ、それを愛(め)でる心のゆとりが不足しているだけのことなのだ。
 咲き終えて吹雪のごとく風に舞う花びらを見つめながら、今年の桜も不憫(ふびん)にすぎるとつくづく思ったものだ。「酒に恨みはないものを」などという、はやり歌の文句が不意に脳裏に浮かんできてしまう。
 被災地では、まだおびただしい数の方が避難所生活を余儀なくされておられる。調布市にも被災後に移り住んでこられたご家庭が存在し、なかには、ご両親が仕事の都合で現地を離れられず、お子さんだけ避難しておられるケースもある。
 季節の移ろいに心和まれるご家族の団欒(らん)が、一日も早く復活いたしますよう心からお祈り申し上げます。

調布市長 長友貴樹

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。