市長コラム「手をつなぐ樹」第177号 産業再興への支援もあわせて

2011年7月20日 登録

調布市長 長友貴樹の写真

産業再興への支援もあわせて

 東日本大震災の惨禍に見舞われた東北地方の現状は、想像以上に悲惨なものだった。
 釜石、大船渡、陸前高田、気仙沼、南三陸、女川、石巻、東松島、仙台、相馬と三陸海岸を車で南下しながら思わず息をのむような光景の連続に言葉を失った。
 骨組みだけが残る大きなビルディング、一見無傷に見えるものの、中ががらんどうになってしまった無数の住居、はるか内陸部まで運ばれた大型船、寸断された橋、レールを失った鉄道、その間にうず高く積まれたおびただしい量の瓦礫(がれき)の山。
 そして、何よりも心に残ったのは、まだ完全には片付いていない海沿いの広い更地だった。そこには、つい4カ月前まで、民家が、交番が、郵便局が、商店が、居酒屋が軒を連ね、人々の情愛あふれる営みが確かに存在していたのだと思うと、なんともやりきれない気持ちに襲われてしまう。
 また、岩手県遠野市の本田市長および釜石市の野田市長と、今後の支援活動についてお話をさせていただいた。その際、現地における復興支援継続への期待とともに、水産業などの産業再興支援に対するご希望も伺った。近隣の自治体にも呼びかけながら、有効な手立てを講じていければと考えている。

調布市長 長友貴樹

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。