市長コラム「手をつなぐ樹」第179号 ローレライに魅せられて

2011年8月20日 登録

調布市長 長友貴樹の写真

ローレライに魅せられて

 多摩地域の近隣市と、行政需要を実現させるための働きかけを共同で行うことはよくある。特に、道路や河川などのいわゆるインフラ整備については、自治体間をまたがる案件も多いので、統一行動の必要性が高い。
 先日も多摩川架橋とその関連道路の整備に関して、関連市による協議会が開催された。わが市の案件を含めて、早期の実現を関係機関に対し強く要望することを確認し合ったが、それにしても、長年の要請が実を結び、これまでに多くの橋が整備されたものだとつくづく思った。
 それと同時に、ふと思い出したことがある。ちょうど去年の今頃だった。ローレライで有名なライン川に橋が架(か)かるというニュース。それがどうした、と言われるかもしれないが、ドイツにおいては、ライン川沿いの美しい古城などの景観を守るために、マインツからコブレンツまでのなんと90キロにもおよぶ区間にこれまで一つも橋を架けてこなかったのだ。
 日常生活上の不便さは想像に余りある。よくもまあ、近隣住民から猛烈な苦情が出なかったものだ。あるいは、出ても観光を優先したに過ぎないのか。いずれにしても、わが国ではまずあり得ないことだろうが、生活の便利さと環境保全の兼ね合いについて考えさせられたものだ。

調布市長 長友貴樹

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。