市長コラム「手をつなぐ樹」第180号 去りゆく夏に '11

2011年9月5日 登録

調布市長 長友貴樹の写真

去りゆく夏に '11

 まだ残暑の日々が続くとはいえ、吹き抜ける風には、やはり秋の気配が感じられる。それぞれの人の心に、忘れ得ぬさまざまな思い出を残して、今年の夏が過ぎていく。
 多くの人にとって、去りゆくことを惜しむ心情が一番強い季節は夏ではないだろうか。灼熱の太陽、陽炎(かげろう)の中で燃え立つような万緑の眩(まぶ)しさ、疾駆(しっく)する素足が焼けるような砂浜など、受ける衝撃や刺激が最も大きいがゆえに。
 そのような中で、はじけるようにエネルギーを発散させる若人の躍動感を今となっては、ただただ羨(うらや)ましく思う。もちろん、思い起こせば私の脳裏にも、各年代ごとの原色に満ちた、多くの夏の情景が浮かんでくる。それはときに、盛夏の一瞬のちの、山や海からあっという間に人影が絶えて秋風が忍び寄ってくる、もの悲しいイメージと重なることもあるのだが。
 それにつけても、四季がきわめてはっきりと分かれる国に生まれたことの幸運を思わずにはいられない。
 その四季の移ろいを人はよく自らの一生になぞらえる。そうであれば、今、私は、いったいどのあたりに身を置いているのだろう。仲秋だろうか、それとも晩秋、はたまた。

調布市長 長友貴樹

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。