市長コラム「手をつなぐ樹」第190号 時には気持ちを楽に

2012年2月20日 登録

調布市長 長友貴樹の写真

時には気持ちを楽に

 惰性とは言いたくないが、どうしても日常の営みに忙殺されるうちに、あわただしく日々が過ぎ去っていく。
 ただ、そのような中にあっても、近視眼的な考え方に必要以上に捉われすぎてはいけないと常々思っている。時に、全体を俯瞰(ふかん)するというか、一歩退いて問題点を見つめ直す、あるいは自分自身の気を楽にするような瞬間を持つべきなのだろう。
 たとえば、我々が生きるこの地球は誕生してから46億年の歳月が経過しているそうだ。宇宙物理学なるものに極めて疎(うと)い身には、どうやって計ったのか見当もつかないが。そして、遅くとも太陽が終焉を迎える50億年後には地球もなくなってしまうとのことだ。それを思えば私などは、公私に渡り多少物事がうまく進まなくとも、直面する問題からひととき距離を置いて仕切り直しがしやすくなる。「まあ、相手の主張も一理あるし、あまりこせこせしたことにこだわっても仕方ない」、というように。
 朝方、小鳥が飛んできて山茶花(さざんか)の生垣に瞬時に身を隠した。雀ぐらいの可愛らしい大きさに見えたので思わず覗いてみると、目をくりくりさせて暖をとるかのように佇(たたず)む綺麗な緑色のメジロと思わず視線が合ってしまった。こんな日は、いい一日でないわけがない。

調布市長 長友貴樹

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。