市長コラム「手をつなぐ樹」第191号 全校一斉防災訓練

2012年3月5日 登録

調布市長 長友貴樹の写真

全校一斉防災訓練

 3月11日が近づいてくる。全国民がさまざまな感慨を抱きながら、この1年を思い起こしていることだろう。
 私は、昨年の同日2時46分には市役所内でミーティングを行っていた。その後、ただちに対策本部を立ち上げて被害状況を把握するとともに、公共施設におられた高齢者や、生徒、児童等の安否確認および安全な環境下での保護に努めた。
 そして、夕方以降にはおびただしい数の帰宅困難者が発生し、その方たちへの職員の対応は翌朝まで続いたのだった。
 その後、3月以降に原発事故の余波を受けて味の素スタジアムに避難して来られた福島県のみなさんに対する支援については、社会福祉協議会の運営のもとに、市内外の2800人にも及ぶ素晴らしいボランティア組織が結成された。すべての参加者に心から敬意を表させていただきたい。また、これからのまちづくりにおける大いなるヒントをいただいたと思っている。
 この1年間、調布市内の防災機能の強化に全力で取り組んできた。その一環として、24年度から毎年4月の第4土曜日を「調布市防災教育の日」と定め、28全公立小中学校で一斉の防災訓練を実施することとした。今年は4月28日の予定だ。是非、多くの方にご参加いただきたい。

調布市長 長友貴樹

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。