市長コラム「手をつなぐ樹」第201号 まちづくりの新たな出発点

2012年9月5日 登録

調布市長 長友貴樹の写真

まちづくりの新たな出発点

 8月19日は、午前3時過ぎまで京王線の地下化切り替え工事を見守っていた。
 荒天にならずに本当によかったが、午前1時前に終電が通り過ぎた直後に開始された大作業はまさに神業ともいうべきものであった。平たく言えば、地下から地上への開口部(柴崎から国領、調布から西調布および調布から京王多摩川間の3か所)において地上のレール敷設面を一部撤去して掘割り構造とし、地下鉄化を図るものだが、レールを焼き切りクレーンで枕木ごと次々に吊り上げるさまは誠に壮観だった。
 そして、午前10時前には予定通り、地下化後の一番電車が3方向からトンネルに進入したわけだが、電車が地下に潜り、また地上に出た瞬間、車内は大きな感動につつまれた。約8年の工事期間は今となれば短くも感じられるが、それなりにいろんなことがあった。まして、調布で生まれ育った方々の感慨はいかばかりだろうか。
 それにしても、踏切が一夜にしてただの道路になるというのは妙なものだ。また、時にいらだった警報機の音も、もう永久に聞こえないかと思うと一抹の寂しさを覚える。ただ、必要以上に感傷に浸っている暇(いとま)はない。駅前広場など、今後のまちづくりを加速させていかなければ。

調布市長 長友貴樹

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。