微小粒子状物質(PM2.5)

2016年1月18日 更新

微小粒子物質 PM2.5

平成21年に微小粒子物質(PM2.5)の環境基準が設定されて以来、都道府県、政令市において順次、測定が実施されています。

東京都は、平成25年4月1日から、都立農業高校神代農場(調布市深大寺南町4-16)の常時監視測定局でPM2.5の測定を開始しました。速報値は、大気汚染地図情報(速報値)をご確認ください。
また、調布市でも平成26年2月から新たに大気汚染移動測定測定にPM2.5の項目を増やし測定を開始しました。今後は、毎年1月から2月頃に3ヶ所程度で測定を継続していきます。
(注)調布市の結果は、次の大気汚染(移動)測定調査「関連リンク」をご覧ください。

注意喚起については「国のPM2.5の注意喚起のための暫定指針に対する都の基本的な考え方」(東京都ホームページ公表)に準じ市民の皆様に情報をお知らせしてまいります。

東京都の測定情報をお知らせします。

東京都情報

詳細は、東京都環境局ホームページをご覧ください。

関連情報

PM2.5の予測については、一般財団法人 日本気象協会がPM2.5分布予測で紹介しています。
一般財団法人 日本気象協会ホームページ(外部リンク)

このページに関するお問い合わせ

環境部 環境政策課
電話番号:042-481-7086・7087
ファクス番号:042-481-7550
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。