市長コラム「手をつなぐ樹」第211号 淋しさはあろうとも

2013年2月20日 登録

調布市長 長友貴樹の写真

淋しさはあろうとも

 朝起きようとした時、喉がかなり痛いことに気づく。その瞬間、まずいなと思った。週末ではあるが、複数の仕事が予定されている。
 幸い土曜日なので、病院は開業日だ。すぐに伺おうと思った。9時前に着き、ほどなく診療を受ける。やはり喉の腫れからして、その日のうちに高熱が出るおそれがあるとの診断。薬局で薬をもらい帰路につきながら、申し訳ないがいくつかの仕事について代行をお願いせざるを得ないなと考えた。スポーツや教育関係の行事は楽しみにしていたので残念ではあったが、こじらせるわけにはいかない。
 結局、運よくインフルエンザでもなく、夕方までに症状も治まった。ご迷惑をおかけした関係者の皆様にお詫びを申し上げるとともに、体調をお気遣いいただき感謝申し上げます。
 ただ、思い起こせば体調の問題で欠席したことは、ひょっとすると10年以上の間に一度も無かったかもしれない。今までが幸運だったと言えようが、当然のことながら、今後も体調管理にはくれぐれも気をつけようと改めて思った。
 そして、分かっていたつもりではあるが、やはり10年前と比べて無理がきかなくなっている現実をいやが上にも意識する。一抹の淋しさは否めない。

調布市長 長友貴樹
 

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。