妊婦健康診査の実施

2021年5月31日 更新

市では、母子保健法により母体や胎児の健康の確保を図るため妊婦健康診査を実施しています。
妊婦の健康管理の充実および経済的負担の軽減を図り、安心して妊娠・出産ができるよう、妊婦健康診査受診票に記載のある検査項目と妊婦超音波検査(経腹法でわかる範囲)及び妊婦子宮頸がん検診を公費により受診していただくことができます。

妊婦健康診査受診票・妊婦超音波検査受診票・妊婦子宮頸がん検診受診票の交付

母子健康手帳の交付時に、妊婦健康診査受診票(14回分)、妊婦超音波検査受診票(1回分)、妊婦子宮頸がん検診受診票(1回分)をお渡ししています。

医師または助産師から妊娠の診断を受けた方(診断を受けていないと妊娠の届け出はできません)は、医療機関で妊婦健診を受ける前に必ず受診票の交付を受けてください。

母子健康手帳の交付については、母子健康手帳の交付・ゆりかご調布面接をご覧ください。

(注1)母子健康手帳の交付を受ける前の受診は対象外です。
(注2)受診票の再交付は原則できません。
(注3)他市区町村から転入された方は、健康推進課へお問い合わせください。

詳しくは、転入した妊娠中の方の受診票差替えをご覧ください。

助成の受け方・内容

1回の健診につき、1枚の受診票を医療機関の窓口に提出してください。
妊婦健康診査受診票に記載のある検査項目について公費により受診いただけます。
(注1)受診票は都内委託医療機関で使用できます。
(注2)受診の際は、必ず受診票を医療機関に提出してください。(受診票を提出しない場合は、自費になります。助成金の申請はできません。)

都外医療機関や助産院で妊婦健康診査を受診して受診票が使えなかった場合

里帰りなどにより、都内委託外医療機関、都外医療機関、助産所で妊婦健康診査を受診した方に、費用の一部を助成します。
(注)受診日に調布市に住民登録がある場合に限ります。

出産後1年以内に、必要書類を添えて、健康推進課に申請してください。

なお、助産所での1回目の妊婦健康診査、超音波検査、子宮頸がん検診については助成対象外です。

申請期間

出産日の翌日から起算して1年間

助成金額

助成金額は、委託医療機関で受診票を使用して受診する場合の健診単価が上限となります。
健診単価は、受診日が属する年度で判断しますので、申請日により助成額が変わることはありません。

助成金の上限額
受診年度 令和2年度および令和3年度
妊婦健康診査1回目 10,850円
妊婦健康診査2回目以降 5,070円
妊婦超音波検査1回分 5,300円
妊婦子宮頸がん検診受診票1回分 3,400円

必要書類

  1. 申請書 および委任状
  2. 領収書および明細書(コピー不可)
  • 領収書および明細書は、手続き終了後、返却します。 
  1. 未使用の受診票(申請回数と同じ枚数) 
  2. 母子健康手帳のコピー(出生届出済証明書」と「妊娠中の経過」の2か所)
  • 母子健康手帳  「妊娠中の経過」欄に、都外医療機関や助産所で受診した妊婦健康診査の記録が必要です。記録がない場合は、原則として助成できません。
  1. 銀行など口座番号がわかるもの(口座名義は申請者に限ります。郵送で申請する場合は不要)
  2. 印鑑(朱肉を使うもの)

確定申告を予定している方へ

確定申告は助成金額を控除した額で申告することになります。確定申告前に助成金の申請をしてください。
やむを得ず助成金の申請前に確定申告をする場合は、後日修正申告が必要になります

申請場所

調布市福祉健康部健康推進課

郵便番号182-0026 調布市小島町2-33-1文化会館たづくり西館保健センター
電話番号042-441-6100

(注)郵送申請可

このページに関するお問い合わせ

福祉健康部 健康推進課
電話番号:042-441-6100
ファクス番号:042-441-6101
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。