市長コラム「手をつなぐ樹」第215号 水木先生に導かれ

2013年5月5日 登録

調布市長 長友貴樹の写真

水木先生に導かれ

 誰しもそうだろうが、時折ご縁というものの有難さをしみじみ感じることがある。
 4月20日に開催された「遠野・調布交流会」は、誠に心温まる雰囲気の素晴らしいイベントとなった。遠野市を起点とする震災復興支援活動に、調布市社会福祉協議会が組織したボランティア派遣が果たした役割を再認識するとともに、今後の両市の協力関係の継続を誓い合い、協力企業を含めた双方約170名もの市民の交歓は予定時刻を超過してなごやかなうちに終了した。
 しかし、このような良好な関係を築くことができたのも、もとはと言えば、水木しげる先生のお蔭と言える。遠野物語の漫画化などを通じて遠野に深い愛着を持っておられる水木先生につながるご縁を大事にしながら両市の交流を発展させていこうとの合意が、ちょうど震災直前に遠野市の本田敏秋市長との間で成立していたのだ。
 そのことにより、震災直後、遠野市へのボランティア派遣が始まったのだが、本田市長が卓越した危機管理の構想を以前から提唱されていたことが、我々の活動を有効に機能させる大きな原動力となったことは間違いない。大震災以前から津波の被害に警鐘を鳴らし、遠野を被災地の後方支援拠点と位置付けておられた見事な先見性に、心から敬意を表させていただきたい。

調布市長 長友貴樹

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。