市長コラム「手をつなぐ樹」第216号 今後の展開に大きな期待を

2013年5月20日 登録

調布市長 長友貴樹の写真

今後の展開に大きな期待を

 4月27日土曜日は、第2回目の調布市防災教育の日。市立小中学校28校一斉の取り組みということで、その内容を楽しみにしながら何校かに伺わせていただいた。
 まず当日感じたことは、一斉実施の意義だった。午前中に駆け足で4校を訪れたのだが、車で移動しながら、訪問できない学校も含めてどの小中学校の近辺でも、早朝から保護者の方が熱心に学校に向かわれる長い列を目にした。その光景は、義務教育学齢児がおられないご家庭の方にも、市内一斉防災意識の啓発として必ずや好影響を及ぼしたに違いない。
 1校目は一小。有名な小泉八雲の「稲むらの火」を題材とした人形劇で津波の恐ろしさを分かり易く解説。次の柏野小では、調布消防署の全面的協力のもとに保護者向け公開講座「地域防災の重要性」の開催。深大寺小は、体育館で6年生が災害図上訓練を行うのに並行して、3・4年生が校庭で初期消火訓練。そして、神代中では社団法人「たった一つの命」の皆さんによる命の尊さを聴衆に訴えかける朗読会(上ノ原小と共催)。
 それぞれ、とても実践的あるいは深く心に沁みる企画だった。各校独自に趣向を凝らした素晴らしい取り組みを拝見して、来年以降の展開に寄せる期待がさらに大きなものとなってきた。

調布市長 長友貴樹

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。