市庁舎診断結果(平成23・24年度実施)

2017年1月16日 更新

これまでの経過

市庁舎については、平成15年度に実施した耐震診断では、議場棟を除き所要の耐震性能を満たしている結果でした(議場棟は、平成18年度に耐震補強工事を実施しました)。
しかし、平成23年3月11日の東日本大震災において被害を受けたこと、また、平成21年には耐震診断基準が改訂されたことから、改めて耐震診断を実施しましたので、その結果をお知らせいたします。

耐震診断結果

  • 耐震診断実施年度
    平成23年度及び平成24年度
  • 市庁舎
    昭和46年9月竣工 鉄骨鉄筋コンクリート造、地下1階、地上8階、塔屋3階
診断結果の表
建物区分 診断範囲 診断結果(Is値)
事務所棟 地上4階から地上8階 0.16から1.23
エレベーター棟 地上4階から地上11階 0.10から0.63
議会棟 地上4階 0.65から1.09
低層階 地上1階から地上3階 0.16から0.34
エントランス棟 地上1階 0.76から0.81

Is値とは

構造体の耐震性を表す指標で、数値が大きいほど耐震性が高くなります。
建築物の耐震改修の促進に関する法律(耐震改修促進法)の告示によると、Is値が0.6以上の場合、地震に対して倒壊し、又は崩壊する危険性が低いとされています。
また、災害時の避難施設や防災拠点となる建物は、Is値0.75以上が望ましいとされています。

今後について

調布市市庁舎免震改修事業プロポーザル選定結果

このページに関するお問い合わせ

総務部 管財課
電話番号:042-481-7173~5
ファクス番号:042-481-6454
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。