消火栓等を活用した応急給水デモ訓練を実施

2013年6月20日 登録

消火栓等を活用した応急給水デモ訓練を実施

現在、災害時の応急給水体制は、浄水所等の給水拠点において応急給水を行うこととなっていますが、居住地から給水拠点までの距離が離れている場合があることや、敷地内・集合住宅内での断水等により、水の供給が困難な地域も発生します。そこで、応急給水体制を補完するため、消火栓等を活用した応急給水や初期消火活動に必要な応急給水資器材等を東京都水道局から借用することとなり、平成25年度は8セット借用します。このことを受けて、市職員における応急給水体制及び応急給水資器材等の使用方法について理解を深めるため、記載のとおり訓練を実施しました。

実施日時

平成25年6月20日(木曜日) 午前10時30分から正午

実施場所

文化会館たづくり北側路上

参加者

水道局職員、調布消防署員及び市職員約30名ほか

給水資器材

スタンドパイプ、ホース、消火栓蓋鍵、開栓器、消火用ノズル、給水栓一式ほか

備蓄先

各市立中学校の防災備蓄コンテナ

応急給水訓練の様子の写真

  1. (写真1)資器材の説明を受ける
  2. (写真2)消火栓から直接給水を行う
  3. (写真3)消防署から放水の指導を受ける

このページに関するお問い合わせ

総務部 総合防災安全課
電話番号:042-481-7346~8
ファクス番号:042-481-7255
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。