特別警報

2016年5月16日 更新

気象庁はこれまで、大雨や津波、高潮などにより重大な災害の起こるおそれがある時に、警報を発表して警戒を呼びかけてきました。

より激しい大雨や大きな地震等が予想され、重大な災害による危険性が高まっていることをお知らせし、特別な警戒を呼び掛けるために、重大な災害の起こるおそれが著しく大きい場合に特別警報を発表します。 ((注)特別警報は平成25年8月30日から始まっております)

特別警報が発表されたら、ただちに命を守る行動をとってください。

特別警報とは

警報の発表基準をはるかに超える現象に対して、特別警報を発表します。

  • 東日本大震災における津波(2011年)
  • 平成23年台風第12号の豪雨(2011年)
  • 三宅島の噴火(2000年)

 

「気象庁 特別警報 検索」の画面の画像

特別警報が発表されたら

避難所へ避難するか、すでに外出することが危険な場合は、家の中で安全な場所に留まるなど、身を守るために最善を尽くして下さい。

お問い合わせ先

気象庁東京管区気象台総務部業務課 電話 03-3212-8341(内線5550)

このページに関するお問い合わせ

総務部 総合防災安全課
電話番号:042-481-7346~8
ファクス番号:042-481-7255
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。