市長コラム「手をつなぐ樹」第229号 あれから半世紀

2013年12月5日 登録

調布市長 長友貴樹の写真

あれから半世紀

 1963(昭和38)年の勤労感謝の日、私は朝かなり早く起床した。その日は11歳の誕生日だったのだが、それが早起きの理由ではなかった。11月23日早朝に、日米間初の国際衛星中継(註)の映像がアメリカから送られてくるとのことで、その画面見たさに小さな白黒テレビにかじりついていたのだ。
 そして、午前5時半ごろになぜか砂漠のサボテンの画像が流され、事情の分からぬまま訝(いぶか)しく思っていると、次の瞬間、思いもよらぬショッキングなコメントが発せられたのだ。「ただ今、砂漠の映像をお送りしています。どうやら、ケネディ大統領がパレードの途中で何者かに狙撃された模様です」。その後、午前9時の2回目の中継で、約5時間前のケネディ大統領の死去およびジョンソン副大統領の第36代大統領就任が伝えられた。そのため、私にとってケネディ大統領暗殺の期日(米国時間では11月22日)は、生涯忘れられぬものとなってしまった。
 あれからちょうど50年。当時5歳だった大統領令嬢キャロラインさんが今回、駐日大使に就任された姿を拝見して、いささかの感慨を禁じ得ない。半世紀の時の流れの中で、果たして国際情勢はあの頃より好転したと言えるのだろうか。東西冷戦という言葉こそ無くなったが、依然として紛争の火種は、世界各地で燻(くすぶ)り続けている。

調布市長 長友貴樹

(註)当時は、宇宙中継と呼ばれていた。

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。