(4月4日発表)実篤の庭でお花見はいかがですか

2014年4月4日 登録

ソメイヨシノの写真

見頃は今週末

実篤公園には、昭和30年に武者小路実篤が移って来る前からあったという、桜の大木があり、毎年見事に花を咲かせます。

実篤は、この家の敷地を買った時のことを、「現在、僕は切るにきまっていた大木をいくつか切らないようにたのんで、(中略)かくて欅や朴の木や、辛夷や、桜の大木を助けた事になる。」(「一人の男」)と書いています。

3月28日、午前中にソメイヨシノの蕾がほころび始め、気温が20度と暖かくなったことから、その日のうちに三分咲きとなりました。29日も22度になったため開花が進み、4月2日には八分咲きとなりました。

カタクリの花の写真

実篤公園入口から入ると、坂の途中から旧実篤邸の屋根越しに桜の花が広がり、快晴の日にはその向こうに富士山が見えることもあります。また、菖蒲園脇に立つ実篤の銅像は、頭上に桜を戴いています。

今週末は一番の見頃となりそうです。天気予報も土日は晴れる予報ですので、実篤が愛でた桜を観ながら、園内を散策しませんか。


実篤公園は、国分寺崖線の斜面地に位置し、武蔵野の雑木林の面影が残る約5,000平米の園内には、様々な花木や草花があります。
今は、ツバキが一重・八重・獅子咲き、白・紅・ピンクと様々な種類が咲き競い、ヤマブキの黄色い花が池の水面に揺れています。また、旧実篤邸前の花壇ではヒトリシズカとカタクリ、下の池の畔ではイカリソウが、可憐な花を咲かせ、ちょうど見頃です。
菖蒲園の周辺にはヤエザクラがあり、こちらはソメイヨシノやヤマザクラと入れ替わりに、四月二週目の後半からが見ごろとなる見込みです。

 

お問い合わせ先

武者小路実篤記念館

お電話 03-3326-0648

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。