市長コラム「手をつなぐ樹」第236号 是非ともご参加を

2014年4月20日 登録

調布市長 長友貴樹の写真

是非ともご参加を

 早いもので、東日本大震災からすでに3年余りが経過した。被災地の復興はまだまだ十分に進展したとは言い難い状況であり、今後とも我々ができる支援を継続していく必要がある。
 それとともに、首都圏においても、直下型地震の発生に対する懸念が一層強まっており、調布市においてもさまざまな観点における備えを充実させていくことが差し迫った課題となっている。
 そのための方策として、市は昨年度、地域防災計画を修正した。そのポイントは、災害時の要援護者および女性や乳幼児への対応、帰宅困難者への支援、医療救護体制の構築、放射性物質対策などであり、一人でも多くの市民の方に一読していただきたい。(註)
 それとともに、是非とも参加をお願いしたいのが、毎年4月の第4土曜日に実施している「調布市防災教育の日」における市内各公立小中学校での取り組みだ。その内容は、午前中が子どもたちに対する命の尊さを考える授業、保護者・地域への防災意識啓発講話、震災時対応シミュレーションの検証。そして、午後が避難所運営訓練などとなっている。
 4月26日にお子さんとともに学校を訪れていただき、親子で日頃の防災意識や装備の大切さを再確認いただきたく存じます。

調布市長 長友貴樹

(註)問い合わせ 総合防災安全課電話481-7346

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。