(4月21日発表)4月26日(土曜日)は「調布市防災教育の日」

2014年4月22日 登録

多摩地区初。 市立中学校全校に防災ヘルメットを配備。
学年カラー(黄・緑・青・橙(赤))での配備は全国的に殆ど事例のない取組 

東日本大震災を教訓として、「命の尊さ」について学ぶことや「自らの命は自らが守る」という意識を高め、児童・生徒が自助、共助のための必要な知識や行動様式を身につけていくことが重要です。
調布市では、平成24年度から4月の第4土曜日を「調布市防災教育の日」と定め、全国で初めて、学校と保護者・地域が一体となった防災教育と避難所開設・運営の訓練などを市立小・中学校28校全校で一斉に実施しています。今年は、次のとおり4月26日(土曜日)に実施します。
当日の取材・報道方どうぞよろしくお願いします。

今回の主な特徴と取材おすすめ校

  1. 市立中学校の全生徒用に学年カラー別の防災ヘルメットを配備
    (学年カラー別のヘルメットの導入は、全国で殆ど例がない取組)
    (注)生徒数が多い学校 神代中学校(生徒数834人。電話番号042-482-0171)
  2. 市立全小・中学校に消防職員を派遣
    調布消防署の全面協力により、当日消防署の職員が全ての学校で講話等を行います。
  3. 中学生による放水訓練を実施
    市立中学校では、初となるD級ポンプ等を使った放水訓練を行います。
    第七中学校 (電話番号042-487-4521)
  4. 都立調布南高等学校の生徒がボランティアで参加
    今回初めて、都立調布南高等学校の生徒がボランティアで訓練に参加する予定です。
    多摩川小学校(電話番号042-481-7648)
  5. 隣接している小学校・中学校及び地域が連携して訓練を実施
    第四中学校(電話番号03-3308-1175)と若葉小学校(電話番号03-3308-5256)、
    神代中学校(電話番号042-482-0171)と上ノ原小学校(電話番号042-485-1271)ほか

日時

平成26年4月26日(土曜日) 小雨決行 午前11時24分 発災想定
(注)各学校の当日の実施内容については、調布市ホームページに掲載していますので、御参照ください。

取材について

 全28校で取材は可能です。なお、取材される場合は、予め学校長に御連絡をお願いします。 

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部教育総務課
電話番号:042-481-7465
ファクス番号:042-481-6466
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。