(5月8日発表)調布の野草園で幻の花「ムラサキ」が見頃に

2014年5月8日 登録

調布の野草園で幻の花「ムラサキ」が見頃です

野草園(深大寺南町1丁目25番地)では多摩地区に自生していたものを中心に約300種1万本以上の野草があり、保護管理と育成を行っていて、毎年3月から10月まで一般公開しています。
その中で、ムラサキの花がいま見頃になっています。

ムラサキは、花の色は紫色ではなく、ウメに似た小さい白色の花をつけます。ムラサキの根が紫色をしていて、その根をとって乾かすと紫黒色となり、これを紫根(しこん)と称し、古くから紫色の染料として紫根染めに用いていました。
また、解熱薬や外用軟膏(なんこう)等の薬の材料として使用されていました。今では栽培が難しく、絶滅にひんしている花のため、幻の花と呼ばれています。

ムラサキの花の写真

野草園の職員に聞いてみると「5月末から6月初めごろまでが見ごろ」と話していました。

開園日

  • 5月 火曜日から日曜日
  • 6月 火曜日から日曜日(第1・3・5土曜日・日曜日除く)

開園時間

午前10時から午後4時まで

このページに関するお問い合わせ

野草園
電話番号:042-498-1464
ファクス番号:042-481-7550
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。