(5月16日発表)市立深大寺小4年生が田植えを体験

2014年5月16日 登録

調市立深大寺小の4年生が田植えを体験

都立神代植物公園(深大寺元町5-31-10、伊藤慶治センター長)では、農作業を通して稲水田、環境保全について関心を持ってもらうことを目的に、分園である水生植物園(深大寺元町2-37)の園内にある田んぼで、地元の市立深大寺小学校(深大寺元町5-16-21、村田守校長)の児童たちに田植えを体験してもらっています。

当初は、昨日15日に実施予定でしたが、あいにくの天候のため、本日16日に実施され、市立深大寺小学校の4年生62人が体験しました。
最初に、園芸係の方から「3本から5本の苗を3本の指で持って、印の所に、苗がピンと立つように根っこが隠れるくらいまで植えてください」との説明が終わると、児童たちは靴を脱いで靴下姿でクラスごとに田んぼの中へ。田んぼに入るのは初めての体験とあって、あちらこちらから「キャー、足が埋まっていく」とか「うまく歩けない」との声が飛び交いました。田植えの途中、足を取られて尻もちをつき泥んこになる児童の姿もありました。

田植えが終わった後に、児童たちに感想を聞いてみると「おもしろかった」「テレビで見たように出来たよ」「結構まっすぐに植えることができた」と、また、おいしいお米ができるかなと聞いてみると「もちろん。おいしいご飯が食べられるよ」と鼻と頬に泥がついた笑顔で話してくれました。 

みんな一生懸命に田植えをしたので、秋には美味しいお米が収穫できるでしょう。

問合せ

都立神代植物公園サービスセンター管理係 電話042-483-2300

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。