夏季の省エネ・節電

2021年7月7日 更新

夏季の省エネバナー

暑くなる季節は電力の使用が多くなります

夏の日中の電力消費は、エアコンによる消費が半分以上を占めているといわれています。

地球温暖化を引き起こす二酸化炭素の多くは、エアコン、パソコン、照明など、エネルギーを使うことによって発生します。

特に、市内の二酸化炭素排出量のうち、ご家庭で使用されている電気・ガスに由来するものが全体の4割以上を占めています。

テレワークなどにより自宅で過ごす機会が多くなる今夏、一人ひとりが省エネに取り組むことで、家計も地球も大きく変えられます。

エネルギーの使い方を見直し、家計にも地球にも優しい生活を送りましょう。

省エネへの取り組みをお願いします。

東京都の家庭における用途別エネルギー消費割合

  • 給湯用 約4割
  • 冷・暖房用 約2割
  • 厨房用 約1割

東京都の家庭における家電別電気消費割合

  • 照明器具 約2割
  • 冷蔵庫 約2割
  • エアコン 約1割
  • テレビ 約1割

オフィスビルの用途別エネルギー消費割合

  • 熱源機器 約3割
  • 照明 約2割
  • コンセント(事務機器等) 約2割

暑さは窓からやってきます

外から室内に伝わる熱の約7割以上は窓から入ってきます。

カーテンブラインドの利用や、すだれ、グリーンカーテン(つる性植物を育て窓に日陰を作る)、二重サッシなどで遮熱対策に取り組み、冷房効果を高めましょう。

家庭やオフィスなどでできる省エネ・節電例

エアコン

  • フィルターはこまめに掃除しましょう。
    (注)月2回を目安に。目詰まりすると、吸い込む空気の量が減り、冷やす力が小さくなります。
  • 扇風機・サーキュレータを併用すれば、涼しい空気を循環できます。
  • 冷気は下降するため、羽根の向きは上向き・水平にし、部屋全体を冷やしましょう。
  • 室外機周りに物を置かず、排気をスムーズにしましょう。
  • 頻繁なオン・オフは控えましょう。
    (注)エアコンは設定温度に達するまでに大きな電力を使い、そのあとは比較的小さな電力で室温を保ちます。そのため、頻繁なオン・オフは省エネにならないこともあります。

照明

  • 照明はこまめにオンオフしましょう。
  • LED照明に交換しましょう。
    (注)従来の照明器具を換えずにLED電球に切り換えるときは、その照明器具にLED電球が使用可能か、必ず注意表示等で確認してください(発煙や焦げ等の事故につながるおそれがあります。)。

冷蔵庫

  • 冷蔵庫の開閉は無駄なく、時間を短くしましょう。
  • 冷蔵庫の中は食品の隙間をあけ、詰め込まないようにしましょう。
    (注)「引き出し式」の冷凍室は、隙間なく食品を詰め込んだほうが、お互いに保冷するため、省エネです。

お湯・ガス機器

家庭で一年間に使うエネルギーのうち、給湯用が約4割を占めます。夏はシャワーの利用が増える季節ですので、シャワーはこまめに止めるなど、お湯の使い方にも気を配りましょう。

買い換えで省エネ

  • 機器の省エネ性能は向上しているため、買い換えで大きな省エネが図れます。
    (注)東京都は、省エネ性能の高いエアコン・冷蔵庫・給湯器に「買い換えた」都民に対して、商品券とLED割引券に交換できる「東京ゼロエミポイント」を付与する事業を行っています。詳細は、外部リンクの東京都ホームページをご覧ください。

脱炭素型のライフスタイルにつながるクールビズ

2050年カーボンニュートラルの実現に向けては、再生可能エネルギーの普及拡大とともに、エネルギーの使用量を抑制していくことが不可欠です。

クールビズは、冷房時の室温の適正な管理等により、着実に省エネ・省CO2につながる取組と言えます。

多くの方が比較的気軽に取り組むことができるクールビズをきっかけに、ライフスタイルを見つめ直し、脱炭素型に転換するべく具体的な行動に移してしていただくことが重要です。

省エネや節電については次の外部リンクが参考になりますのでご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

環境部 環境政策課
電話番号:042-481-7086・7087
ファクス番号:042-481-7550
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。