(8月8日発表)第22回キンダー・フィルム・フェスティバル

2014年8月11日 登録

子どもたちの世界映画祭

昨年も大盛況だった、「みて遊んで食べて」がいっぱいの、日本最大の子どもたちの世界映画祭「第22回キンダー・フィルム・フェスティバル」を今年も調布で開催いたします。
「映画のまち調布」で、映画を通じて、未来を担う子どもたちと、その子どもたちを見守る大人たちが一緒になって夢や理想・思いやりを学んで欲しいという願いをこめて、調布市では今年で7回目の開催となります。

キンダー・フィルム・フェスティバルとは

キンダー・フィルム・フェスティバルは、世界各国から厳選した心温まる作品の上映や、海外から招待したゲストと共に様々なワークショップを体験できる、お子さんから大人まで楽しめる映画祭です。今年の目玉はなんといっても長編映画。各国から良作が揃いました。

日時

8月13日(水曜日)から17日(日曜日)まで

場所

グリーンホール

目玉作品

  • 「ピノキオ」 ドイツ 96分 
     実写と3Dのコラボレーションが実現いたしました。クジラのお腹の中のシーンなど、実現不可能と思われたシーンが色あざやかに描かれており、思わず息をのむほどです。期待を裏切らないストーリーと映像美は、大人も必見となっています。
  • 「ちいさなバイオリニスト」 オランダ・ベルギー 90分
    幼いころにママを亡くしたフィン。唯一の想い出はひとつの「バイオリン」だけ。廃墟に住む老人にバイオリンを習うことになったが、パパはなぜか猛反対して...

みる

  • ライブシネマ

字幕が読めないお子様でも映画を楽しめるように、その場で日本語に吹き替えをしながら上映するキンダー・フィルム・フェスティバルオリジナルの上映スタイルです。

学ぶ・遊ぶ

計算をしながら楽しく買い物ができる「100円までしか買えない駄菓子屋さん」や、「フェイスペイント」「アニメ制作クリエイター体験」など楽しい「ワークショップ」が盛りだくさんです。
また、会場内にいるクラウンジョーイ(道化師)の素敵なパフォーマンスも楽しめます。

食べる

会場近くの調布駅前公園、調布駅南口広場では屋台村が登場

リピーター割引

前売券もしくは当日券でプログラムをご覧になった後、他のプログラムをご覧になりたいお客様はグリーンホール1階特設チケット売り場に、ご覧になった半券をご持参いただくと、100円引きで当日券(指定・自由)をご購入いただけます。もっと映画祭を楽しんでいただくため、今年から導入いたしました。

このページに関するお問い合わせ

生活文化スポーツ部産業振興課
電話番号:042-481-7184
ファクス番号:042-481-7391
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。