(2月23日発表)平成27年第1回定例記者会見

2015年2月23日 登録

平成27年第1回調布市議会定例会に伴う定例記者会見

市長あいさつ

日頃から調布の現状を報道していただき感謝申し上げるとともに、最近では「デカ盛りウォークラリー」や「実篤チョコ」などを記事に取り上げていただき、大変ありがたく思っております。
最近の嬉しいトピックスを2つほど申し上げますと、長年、わが調布市の体育協会会長を務め、日本リトルリーグの創設に尽力された故・林和男氏が特別表彰で野球殿堂入りを果たされました。もう一つは、長年、市民の皆さんからも要望をいただいていた映画館、シネマコンプレックスが再来年できるとの発表を、1月に京王電鉄からいただいたことをまことにありがたく思っております。多摩地区最大級の規模ということで、再来年を心待ちにしているところです。
 
調布市は今、市制施行以来最大規模の変貌を遂げつつあります。平成24年8月に実現した京王線の地下化に連動し、調布・布田・国領の各駅前広場の整備、市街地再開発、鉄道敷地の利用、各駅周辺の道路整備など、調布のまちの骨格づくりを着実に進展させていただきたいと思っています。
そのような中、調布市はこの4月1日に、市制施行60周年を迎えます。平成27年度の1年間は、様々な記念事業を展開して参ります。古くから街づくりにご貢献いただいたことに感謝を申し上げつつ、将来の展望を確認していきたいと思っております。その延長線上の、5年後の東京オリンピック・パラリンピック開催に当たり、候補地として調布も含めてもらっていただいています。このようなことを認識しながら市政を進展させていきたいと思っております。

今週金曜日27日に開会を予定しています平成27年第1回市議会定例会は、予算議会であります。平成27年度は、今般、市長任期と連動した修正基本計画の初年度として、計画に位置づけた4つの重点プロジェクト「強いまち」「安心して住み続けられるまち」「利便性が高く快適で豊かなまち」「うるおいのあるまち」を基軸に諸施策を推進して参ります。
それと連動する平成27年度一般会計予算案は、総額849億7千万円、前年度当初予算と比べて、42億3千万円、率にして5.2パーセントの増となりました。また、特別会計も含めた全会計の予算規模は、1317億9千万円余となり、前年度から78億円余、6.3パーセントの増となっています。
一般会計の主な特徴を申し上げますと、歳入では、根幹である市税において、法人市民税は税制改正による減を見込む一方で、個人市民税と固定資産税は経済情勢から増が見込まれることから、前年度と比較して7億9千万円余、1.8パーセントの増を見込み、総体で437億7千万円余を見込んでいます。
歳出では、社会保障関係経費の伸びや保育園待機児童対策経費の増により、民生費が前年度から24億4千万円余増加し、408億円余で、一般会計に占める割合も48.1パーセントとなっております。また、学校施設等の老朽化対策に取り組む教育費が11億4千万円余の増となっております。
主な事業や取り組みなどを申し上げますと、まず、京王線の地下化と合わせた街づくりとして、調布、布田、国領3駅の駅前広場の整備、また、調布駅南北での再開発事業の促進など中心市街地のまちづくりを進めて参ります。また、都市計画道路の整備を進めて参ります。
防災対策の分野では、LED照明器具の配備や女性や要配慮者のための備蓄品の充実を図るとともに、小学校に2基目となる防災備蓄コンテナの増設を進めます。学校においては、4月の第4土曜日の「防災教育の日」において、児童・生徒が命の尊さを考える授業や地域と連携した取組を実施するほか、全校一斉に救命講習受講優良証を交付されるなど消防署から高い評価を受けた市立小・中学校での救命講習を継続して実施します。
そのほか、り災証明書の迅速な発行や各支援策の適用状況を監理する被災者生活再建支援システムの導入、下水道施設や住宅の耐震化の促進、また、分譲マンションの耐震化の促進に向け、新たに耐震改修等助成制度を設けます。
福祉の分野では、認知症になっても住み慣れた調布のまちで安心して生活できるよう、認知症ネットワークの取組を推進するとともに、認知症高齢者グループホームを1か所開設します。
障害者福祉では、障害のある子どもの放課後や夏休みなどの長期休業期間における居場所の充実を図るため、放課後等デイサービス事業所1か所新規開設に向けた支援を行います。
保育園の待機児童対策としては、この4月に向けて400人規模の定員拡大を予定しています。
なお、平成27年度は700人規模の定員拡大を目指し、認可保育園8園の誘致開設を進めます。学童クラブでは、児童福祉法改正に伴い対象児童を小学校6年生まで拡大します。
教育の分野では、特別な支援を必要とする児童・生徒が適切な学校教育を受けられるよう、小・中学校全校へスクールサポーターを配置するほか、特別支援学級にタブレット端末をモデル的に導入し、学習意欲の向上を図って参ります。また、飛田給小学校に通級指導学級を開設するとともに、16の小学校で特別支援教室の整備を行います。そのほか、屋上防水、受変電設備の改修など学校施設の老朽化対策を計画的に進めて参ります。
食物アレルギー対策については、引き続き重要課題として、アレルギー対応専用調理室の整備を小学校2校で行うとともに、給食管理システムのアレルギー対応機能の充実を図ります。食物アレルギー事故再発防止に向けて、平成27年度も全力で取り組んで参ります。
鉄道敷地については、東京都及び京王電鉄と合意した鉄道敷地利用計画図に基づき、平成27年度から10年間かけて、段階的に整備を進めることとしています。平成27年度は、公園、防災、福祉の公共利用に向けた3か所のゾーンの設計などを進めます。
そのほか、映画のまち調布や商店街活性化の促進など様々な取り組みを予定しており、市制施行60周年事業と合わせ、市民と共に、まちの将来像を着実に前進させることができる予算が編成できたと考えております。

平成27年第1回調布市議会定例会提出議案概要(一般会計補正予算を除く)

  • 平成26年度特別会計補正予算 5件
  • 条例の制定 7件
  • 条例の一部改正 20件
  • 市道路線の廃止等 2件
  • 平成27年度特別会計予算 5件

 平成27年第1回調布市議会定例会提出議案概要(163KB)(PDF文書)

平成26年度調布市一般会計補正予算(第5号)の概要

 平成26年度 調布市一般会計補正予算(第5号)の概要(99KB)(PDF文書)

その他の情報提供

  1. 回廊スペース企画展「イラストレーター・早川直希A4WORKS」(283KB)(PDF文書)
    • 日程 3月3日(火曜日)から3月31日(火曜日)
    • 場所 東部公民館回廊スペース
    • 問合せ 東部公民館 電話042-486-5511   
       
  2. 武者小路実篤記念館春季展「野菜の美」(705KB)(PDF文書)
    • 日程 3月7日(土曜日)から4月12日(日曜日)
    • 問合せ 2・3ともに、武者小路実篤記念館 電話03-3326-0648
       
  3. 武者小路実篤記念館・全国文学館協議会共同展示「3.11文学館からのメッセージ天災地変と文学」参加企画
    コーナー展示「河野通勢が報じた関東大震災」(684KB)(PDF文書)
    • 日程 3月3日(火曜日)から4月12日(日曜日)
       
  4. 深大寺だるま市(282KB)(PDF文書)
    • 日程 3月3日(火曜日)・3月4日(水曜日)
    • 問合せ 
      深大寺 電話042-486-5511
      生活文化スポーツ部産業振興課 電話042-481-7183
       
  5. 調布映画祭2015
    • 日程 3月4日(水曜日)から3月8日(日曜日)
    • 会場 調布市グリーンホール、調布市文化会館たづくり
    • 問合せ 
      (公財)調布市文化コミュニティ振興財団コミュニケーション課 電話042-441-6171
       
  6. 東日本大震災慰霊祭2015「あの日を忘れない。」
    • 日時 3月11日(水曜日)午後1時から午後9時
    • 場所 調布駅南口広場
    • 問合せ 東日本大震災慰霊祭2015実行委員会 電話090-8046-4183
       
  7. 調布市民歌舞伎
    • 日時 3月15日(日曜日)正午から、午後4時30分から
    • 場所 調布市グリーンホール
    • 問合せ 調布市民歌舞伎事務局 電話070-6630-7604

 

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。