(7月24日発表)平和祈念事業「ヒロシマ原爆展」

2015年7月24日 登録

戦後70年のこの夏、広島の原爆について学び、
戦争の悲惨さや平和の大切さを考えてみませんか

調布市では、毎年夏休みに平和を祈念する展示を開催しています。
平成27年度は、広島平和記念資料館より被爆の現物資料、原爆による悲惨な状況を被爆者自らが描いた絵(複製)、サダコと折り鶴ポスターをお借りし、展示します。

展示期間

平成27年7月30日(木曜日)から8月6日(木曜日)まで
午前10時から午後6時まで
期間中無休

会場

調布市文化会館たづくり2階南ギャラリー

入場料

無料

展示内容

  • 被爆資料
    被爆して亡くなった方のシャツや高熱でガラスの溶けた腕時計など現物資料38点
  • 市民が描いた原爆の絵(複製)
    原爆による悲惨な状況を被爆者自らが描いた絵の複製30点
  • サダコと折り鶴ポスター
    千羽鶴を折ることのルーツとなった2歳で被爆した佐々木禎子さんに関するポスター26点
  • DVD作品「調布市戦争体験映像記録 平成26年度」
    市内在住の戦争体験者が自身の体験談を語っていただいた映像を放映します。
    会場にモニターと椅子を配備し、視聴コーナーを設置します。 
    「原子爆弾の恐怖」
    「学童疎開と家族の絆」
    「東京大空襲と私」

夏休みの平和学習にぜひヒロシマ原爆展へご来場ください

展示されている被爆資料の一覧を掲載したパンフレットを配付します。(モノクロコピー)

来場の記念に折り鶴を折っていただくことができます。

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。