特別講演会「ウクライナ侵攻とコロナ禍の今、地球の未来を探る」

2022年5月1日 更新

講師の伊藤千尋さん

ウクライナ侵攻とコロナ禍の今、地球の未来はどうなるのでしょうか

世界各国の人々と関わってきたジャーナリスト伊藤千尋氏をお迎えし、日本、そして世界の未来について考えてみませんか。

地球温暖化や格差の問題など、コロナ禍を経てこれからどうなるのか、持続可能な開発目標SDGsの視点で、未来への糸口を探ってみませんか。
ウクライナ侵攻についても触れていただきます。

講演に先立って、ハンドベルデュオ、ベリーラブの演奏もお楽しみください。
手話通訳ご希望の方は、6月23日(木曜日)までにお申し込みください。

講師 伊藤千尋氏プロフィール

1949年、山口県生まれ。東大法学部卒。学生時代にキューバでさとうきび刈り国際ボランティア。東大ジプシー調査探検隊長として東欧を現地調査。74年、朝日新聞社に入社し、長崎支局、東京本社外報部などを経て、サンパウロ、バルセロナ、ロサンゼルス支局長を歴任。2014年、退職し、フリージャーナリストに。これまで世界82ヵ国を現地で取材した。主著に「心の歌よ」「連帯の時代 コロナ禍と格差社会からの再生」「今こそ問われる市民意識」など多数。

日時

令和4年7月1日(金曜日)午後6時から8時まで

会場

文化会館たづくり8階映像シアター

参加費

無料

定員

申込み順70人

申し込み

6月7日(水曜日)午前9時から、電話で西部公民館(042-484-2531)へ
Eメールからもお申込みいただけます。seibuk@w2.city.tokyo.jp

(注)新型コロナウイルス感染症感染拡大のため、多数のお申込みをいただいていた、2月5日が中止となり、再度計画いたしました。皆様のお申し込みをお待ちしています。

ミニ演奏 ハンドベルデュオ ベリ―ラブ

調布市在住のハンドベルデュオ。2人が奏でるベルのファンも多い。平和を願うセプテンバーコンサートIN調布にも関わってきました。心に響くベルの演奏をお楽しみください。

演奏者のベリーラブのお二人

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 西部公民館
電話番号:042-484-2531
ファクス番号:042-484-3704
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。