市長コラム「手をつなぐ樹」第267号 年内いっぱい、スクラッチ

2015年11月20日 登録

調布市長 長友貴樹の写真

年内いっぱい、スクラッチ

 皆さんは、もうスクラッチカードを体験されただろうか。
 これは、地方創生関連予算を原資として、日本全国の自治体で実施されている商業活性化事業だ。ただ、大半の自治体では、単なるプレミアム付き商品券配布事業であるのに対して、調布市では、一人でも多くの市民に利益を共有してもらいたいとの思いから、当たる確率が8割と極めて高いスクラッチカード方式を採用している。カードの配布枚数はなんと100万枚。
 この方式は全国的にも極めて珍しく、予算の有効な活用例として国(内閣府)からも高い関心を持たれている。事業の実施期間は11月から年末までの2カ月間だ。
 もちろん私自身もすでに、飲食店を中心に何店舗かでカードをいただいた。その結果、事前の説明通り、100円券および300円券の当たる確率が高いことを実感した。少額とは言え、やはり嬉しいものだ。
 また、お店によってはハズレ券にも枚数により特典を設けていただいている。その経費はお店の自己負担とのことだが、「この機会に一人でも多くのお客さんに喜んでもらえればね」とのお言葉は誠に有難い。
 日本全体の景気浮揚に大きな期待を寄せつつ、今後とも市独自の産業振興策に積極的に取り組んでいきたい。

調布市長 長友貴樹 

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。