市長コラム「手をつなぐ樹」第269号 目は一生の財産

2015年12月20日 登録

調布市長 長友貴樹の写真

目は一生の財産

 前にも触れたが、わが国のみならず、今世紀に入る頃からの携帯電話の飛躍的な普及には今さらながらに驚かされる。
 便利な道具であることは論をまたない。しかし、かくも短期間に、この小型軽量なる直方体により、あらゆる場面での日常生活がときに制約を受け、逆に不便さを感じるまでになることが、開発時点においてどこまで予想されていたのだろうか。それは使う側の問題だと言ってしまえばそれまでだが、一日中携帯を扱い続け依存症に陥る人が急増していると聞けば、事態はかなり深刻化していると言わざるを得ない。
 そして、心の健康ばかりではなく、身体に及ぼす影響も大変気になるところだ。特に、長時間携帯を使用する子どもたちの視力の急激な低下がにわかに心配になってくる。手軽に携行できることと、大きなディスプレイ画面を備えることは決して両立しない。もっと大きな社会問題とされるべきだろう。是非、ご家庭で注意を喚起していただきたい。

 この1年、皆様はどのように過ごされましたでしょうか。明年がすべての方にとって、素晴らしい年になりますよう心からお祈り申し上げます。

調布市長 長友貴樹

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。