(1月4日発表)石原裕次郎展

2016年1月4日 登録

市制施行60周年記念事業

石原プロモーションは昭和38年1月に港区虎ノ門にて設立後、昭和48年5月に調布市染地に会社を移転。
それから現在にいたるまで調布に事務所をかまえています。今回の企画展は、市制施行60周年を記念して、石原プロモーション特別協力のもと開催いたします。
昭和35年に行った石原裕次郎氏との結婚式で実際に、まき子夫人が着用した結婚衣装や、一般公開されていない石原裕次郎ゆかりの品の数々、生涯をたどる貴重な写真やポスターの展示等、昭和の大スターの生きざまを体感いただけます。

市役所前通り、文化会館たづくりの東側にある屋外スペースでは、「西部警察」や「ゴリラ」で実際に使用された、ファン必見の大変貴重な名車の数々も展示いたします。

特別協力

石原プロモーション

主催

調布市

展示

  • 会場 文化会館たづくり1階むらさきホール
  • 時間 午前10時から午後7時(11日のみ午後3時まで)
  • 期間 1月9日(土曜日)から11日(月曜日・祝日)

上映

  • 場所 文化会館たづくり2階くすのきホール
  • 時間 午後1時30分上映(開場30分前。先着順500名)

9日(土曜日) 「愛の化石」

(1970年)99分 カラー
監督 岡本愛彦
製作 石原プロモーション

最高のロマン、華やかなファッション、浅丘ルリ子の魅力のすべて。

新進テキスタイルデザイナー(繊維デザイナー)・浅丘ルリ子と報道カメラマン・高橋悦史の激しい恋を中心に、女の変わりゆく愛の原型を、メカニックな現代社会を通して描く、ハイセンスな本格的メロドラマ。

10日(日曜日)「太平洋ひとりぼっち」

(1963年)96分 カラー

監督 市川崑

日本映画史に残る感動と冒険の超大作。石原裕次郎が設立した石原プロモーション第1回作品(日活共同制作)。

1962年5月12日深夜、堀江謙一(石原)は、ヨット「マーメイド号」で出発した。風のみで走るこの船は、自然の猛威に翻弄される。悪天候と体力消耗、そして何より孤独との闘いは人間の限界を超えた。果たして彼は、目指すサンフランシスコへ無事辿り着けるのか。

このページに関するお問い合わせ

生活文化スポーツ部産業振興課
電話番号:042-481-7180
ファクス番号:042-481-7391
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。