(4月26日発表)アプリを使って深大寺を散策

2016年4月28日 登録

「深大寺ARアプリ」を提供

深大寺地域の歴史・文化遺産についての情報を発信するツール「深大寺ARアプリ」の提供を始めました。
このアプリは、平成26年度にiOS版(日本語・英語対応)を制作し、平成28年3月末にAndroid版を完成させるとともに、2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、中国語、韓国語にも対応させ、さらに動画のコンテンツやアプリ管理のセキュリティ機能を強化したものです。
調布最大の観光地である深大寺を訪れる外国人観光客は、年々増加しており、その観光客の多くはネットから情報を入手しています。深大寺地域は、無料のWi‐Fiが整備されており、国内・国外からの観光客がスマートフォンにダウンロードしたアプリをセルフガイドとして、現地を手軽に回ることがきるようになっています。

登録情報

アプリに登録されているコンテンツ件数は119件で、内訳は画像114件、動画4件、テキスト81件で、11件のエアタグ(位置情報)、81件のマップスポット(地図情報)が表示されます。

  • エアタグ(位置情報) 現在位置からどの方角の何m先に何が登録されているか。
  • マップスポット(地図情報) 地図上に配置された文化財の詳細情報を見る。
  • 散策コース 「武蔵野の古道と深大寺」、「湧水の恵みと人々の暮らし」などテーマ別に表示
深大寺ARアプリの画面の写真

このページに関するお問い合わせ

教育部郷土博物館
電話番号:042-481-7656
ファクス番号:042-481-7655
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。