(5月16日発表)日活スターシネマセレクション

2016年5月16日 登録

石原裕次郎さん 吉永小百合さんに焦点を当てて 

今年大好評を博した、「石原裕次郎展」、「日活調布撮影所“創る力”展」の続編企画として日活出身の大スター石原裕次郎さんと、今なお第一線で活躍する女優 吉永小百合さんが主演する2作品を特別上映いたします。

嵐を呼ぶ男 ポスター画像伊豆の踊子 ポスター画像
(c)日活

日程

平成28年5月28日(土曜日)

会場

調布市グリーンホール 大ホール(京王線調布駅徒歩1分)

時間

タイムスケジュール
時間 上映作品 出演者 ストーリー
11時から12時40分

嵐を呼ぶ男(1957年)

石原裕次郎
北原三枝
青山恭二
芦川いづみ

音楽学校の生徒国分英次は、銀座の流しギターで評判の暴れん坊である優しい兄の正一を売り出そうと思っていた。それをジャズ・バンド「福島慎介とシックスジョーカーズ」の女支配人美弥子に頼み込んだ。バンドのNo.1ドラマー、チャーリー・桜田は、美弥子と結ばれた仲だったが、最近ステージ・ダンサーのメリーに引かれていた。そして、ついに美弥子と別れてメリーの属する持永興行と契約してしまった。No.1を失った美弥子は正一のことを思い出した。「彼を日本一のドラマーとして育て上げよう」桜田への競争心も手つだって彼と契約したのである。
14時から15時27分

伊豆の踊子
(1963年)

吉永小百合
高橋英樹
大坂史郎
十朱幸代
宇野重吉
新緑眩い伊豆の街道であてなき旅を続ける学生・川崎(高橋英樹)。道中、旅芸人の一行と知り合った彼は踊子・薫(吉永小百合)の可憐な姿に心を奪われ気もそぞろになる。一行の紹介で湯ケ野の宿を取った川崎は彼らを自室に招き入れ、薫とも楽しいひとときを過ごす。お座敷に上がっているとは言え、まだ16歳の薫。彼女は兄を慕うかのごとき無邪気さで川崎に甘えていく。楽しい湯ケ野の日々も終わりに近づき、一行は下田へ旅立つことになった。彼らの道連れとなる川崎に、薫は下田で一緒に活動写真を観に行く約束を交わすのだったが・・・。

(注)各回30分前開場を予定

入場料

無料

主催

調布市観光協会

協力

日活株式会社、株式会社石原プロモーション

問い合わせ

調布市観光協会(調布市産業振興課内)
042-481-7180
(注)当日連絡先 070-1369-1018

このページに関するお問い合わせ

生活文化スポーツ部 産業振興課 産業振興係
電話番号:042-481-7138・7184
ファクス番号:042-481-7391
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。