市長コラム「手をつなぐ樹」第281号 さあ、4年間のカウントダウン

2016年7月20日 登録

調布市長 長友貴樹の写真

さあ、4年間のカウントダウン

 20世紀の東京オリンピックは1964(昭和39)年10月10日から24日までの15日間開催され、21競技にわたり熱い戦いが繰り広げられた(註1)。それは52年前のことになるが、市民の皆さん(と言っても主に対象は50代後半以上の方になろうか)は、当時どこで何をしておられただろう。
 私は小学校6年生で大阪に住んでいた。そして、大会の1年前ぐらいからオリンピックを特集した雑誌を読み漁って、その日を胸ときめかせながら心待ちにしていた。東京の同世代の人間がものすごく羨ましく思えたことを鮮明に覚えている。
 その頃すでに調布に住んでおられた方は、今でも心地よい余韻を楽しむかのように、オリンピックにまつわるエピソードを本当に懐かしそうに語られる。特に、世界のトップランナーが甲州街道を疾駆したマラソンについては、アベベ(註2)や円谷(註3)の力走を昨日のことのように回想される。また、他の競技を国立競技場などでご覧になったと言われる方も多い。
 そのような体験談や思い出写真を是非、市にお寄せ下さい。(註4)。9月以降の市報に掲載させていただくなどして、20年オリンピック・パラリンピックの機運醸成に活用させていただきたいと存じます。7月24日でオリンピックまであと4年。

調布市長 長友 貴樹

(註1)東京パラリンピックは、同年11月8日から12日にかけて9種目で開催。
(註2)国籍エチオピア。ローマ、東京とマラソン2連覇。ローマでは裸足で疾走。
(註3)円谷幸吉。陸上自衛官。同大会マラソン銅メダル。1万メートルも6位入賞。
(註4)市報6月20日号2面と市のホームページに募集記事。当時、調布以外にお住まいでも構いません。

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。