(7月22日発表)「水木しげる作品で戦争を考える」をテーマに戦争関連の本を展示

2016年7月26日 登録

「水木しげる作品で戦争を考える」をテーマに戦争関連の本を展示

昨年11月に亡くなられた名誉市民・水木しげる氏。戦地の第一線に送られた経験があり、太平洋戦争中、激戦地であるラバウルに出征した水木氏の戦記物は経験者でなければ描けない迫力があります。
水木しげる作品で戦争を考えるをテーマに、「娘に語るお父さんの戦記」、「総員玉砕せよ!」、「鬼軍曹」などの水木作品を展示します。
なお、期間中、中央図書館4階では、戦争に関する地域資料、調布に関連する作家の作品を中心に平和祈念展示を行っており、6階の視聴覚資料室では、戦争に関する資料の展示を行っております。

会場

市立中央図書館5階(調布市小島町2-33-1)

期間

平成28年7月27日(水曜日)から9月25日(日曜日)まで 
          

このページに関するお問い合わせ

市立中央図書館
電話番号:042-441-6181
ファクス番号:042-441-6183
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。