軽自動車税(種別割)の税率

2021年11月9日 更新

軽自動車税(種別割)は、毎年4月1日現在に原動機付自転車、軽自動車、小型特殊自動車、二輪の小型自動車等を所有または使用している方にかかる税金で、税率は車種別に1台あたりの税率(年税額)が決められています。

軽自動車税(種別割)の税率(年額)

原動機付自転車、二輪車及び小型特殊自動車に係る税率(税額)
種別 排気量又は用途 平成28年度以降
原動機付自転車(一種) 50cc以下 2,000円
原動機付自転車(二種乙) 50cc超90cc以下 2,000円
原動機付自転車(二種甲) 90cc超125cc以下 2,400円
ミニカー   3,700円
二輪の軽自動車 125cc超250cc以下 3,600円
小型特殊自動車 農耕作業用 2,400円
小型特殊自動車 その他の物 5,900円
二輪の小型自動車 250cc超 6,000円
四輪以上及び三輪の軽自動車に係る税率(税額)
種別 用途 平成27年3月31日以前
登録車両
平成27年4月1日以降
登録の新車
四輪以上の軽自動車 乗用・自家用 7,200円 10,800円
四輪以上の軽自動車 乗用・営業用 5,500円 6,900円
四輪以上の軽自動車 貨物用・自家用 4,000円 5,000円
四輪以上の軽自動車 貨物用・営業用 3,000円 3,800円
三輪の軽自動車   3,100円 3,900円
  • 平成27年3月31日までに登録した車両は、初めて車両番号の指定を受けた年月から13年経過するまでは旧税率(税額)のままです。

重課税

初めて車両番号の指定を受けた月「初度検査年月」から起算して13年を経過した車両の四輪以上及び三輪の軽自動車に係る税率(税額)は重課税率になります。

重課税に係る税率(税額)
種別 用途 平成28年度以降
四輪以上の軽自動車 乗用・自家用 12,900円
四輪以上の軽自動車 乗用・営業用 8,200円
四輪以上の軽自動車 貨物用・自家用 6,000円
四輪以上の軽自動車 貨物用・営業用 4,500円
三輪の軽自動車   4,600円

  • 「初度検査年月」とは、新規登録された年月(初めて車両番号(ナンバー)の指定を受けた年月)のことをいいます。自動車検査証に記載されている「初度検査年月」欄で確認が出来ます。
    また、平成15年10月14日前に新車新規登録された車両の場合、自動車検査証の初度検査年月は「月」の情報が記載されていない為、その年の12月を「初度検査年月」とみなします。

グリーン化特例

軽自動車税(種別割)のグリーン化特例とは、一定の環境性能を満たす車両について、税率(税額)を1年度分に限り軽減するものです。

令和3年度まで適用されるグリーン化特例

平成31年4月1日から令和3年3月31日までに初めて車両番号の指定を受けた四輪以上及び三輪の軽自動車で、排出ガス性能及び燃費性能の優れた環境負担の小さいものは、初めて車両番号の指定を受けた年度の翌年度に限り、次の表の税率(税額)で課税されます。

令和3年度まで適用されるグリーン化特例に係る税率(税額)
種別 用途 電気軽自動車・天然ガス軽自動車(概ね
75パーセント軽減)
ガソリン車・ハイブリッド車(概ね
50パーセント軽減)
ガソリン車・ハイブリッド車(概ね
25パーセント軽減)
四輪以上の
軽自動車
乗用・
自家用
2,700円 5,400円 8,100円
四輪以上の
軽自動車
乗用・
営業用
1,800円 3,500円 5,200円
四輪以上の
軽自動車
貨物用・
自家用
1,300円 2,500円 3,800円
四輪以上の
軽自動車
貨物用・
営業用
1,000円 1,900円 2,900円
三輪の軽自動車   1,000円 2,000円 3,000円

概ね75パーセント軽減

電気軽自動車、天然ガス軽自動車(平成30年排出ガス規制に適合するもの又は平成21年排出ガス規制に適合し、かつ、平成21年排出ガス基準値より10パーセント以上窒素酸化物の排出量がすくないもの)

概ね50パーセント軽減

平成30年排出ガス規制に適合し、かつ、平成30年排出ガス基準値より50パーセント以上窒素酸化物等の排出量が少ない軽自動車。または平成17年排出ガス規制に適合し、かつ、平成17年排出ガス基準値より75パーセント以上窒素酸化物等の排出量が少ない軽自動車。
上記に加え
乗用 令和2年度燃費基準値より30パーセント以上燃費性能の良いもの
貨物用 平成27年度燃費基準値より35パーセント以上燃費性能の良いもの

概ね25パーセント軽減

平成30年排出ガス規制に適合し、かつ、平成30年排出ガス基準値より50パーセント以上窒素酸化物等の排出量が少ない軽自動車。または平成17年排出ガス規制に適合し、かつ、平成17年排出ガス基準値より75パーセント以上窒素酸化物等の排出量が少ない軽自動車。
上記に加え
乗用 令和2年度燃費基準値より10パーセント以上燃費性能の良いもの
貨物用 平成27年度燃費基準値より15パーセント以上燃費性能の良いもの

令和4年度・令和5年度に適用されるグリーン化特例

令和3年4月1日から令和5年3月31日の間に初めて車両番号の指定を受ける軽自動車については、自家用乗用の電気自動車・天然ガス自動車及び営業用乗用のガソリン車・ハイブリット車のみ、次の表のとおり、電気自動車等は概ね75パーセント、ガソリン車等は概ね50パーセントまたは概ね25パーセントが軽減されます。

令和4年度・令和5年度に適用されるグリーン化特例に係る税率(税額)
種別 用途 電気軽自動車・天然ガス軽自動車(概ね
75パーセント軽減)
ガソリン車・ハイブリッド車(概ね
50パーセント軽減)
ガソリン車・ハイブリッド車(概ね
25パーセント軽減)
四輪以上の
軽自動車
乗用・
自家用
2,700円 適用なし 適用なし
四輪以上の
軽自動車
乗用・
営業用
1,800円 3,500円 5,200円
四輪以上の
軽自動車
貨物用・
自家用
1,300円 適用なし 適用なし
四輪以上の
軽自動車
貨物用・
営業用
1,000円 適用なし 適用なし
三輪の軽自動車   1,000円 適用なし 適用なし

概ね75パーセント軽減

電気軽自動車、天然ガス軽自動車(平成30年排出ガス規制に適合するもの又は平成21年排出ガス規制に適合し、かつ、平成21年排出ガス基準値より10パーセント以上窒素酸化物の排出量が少ないもの)

概ね50パーセント軽減(乗用・営業用車に限る)

平成30年排出ガス規制に適合し、かつ、平成30年排出ガス基準値より50パーセント以上窒素酸化物等の排出量が少ない軽自動車。または平成17年排出ガス規制に適合し、かつ、平成17年排出ガス基準値より75パーセント以上窒素酸化物等の排出量が少ない軽自動車。
上記に加え、令和12年度燃費基準値より90パーセント以上燃費性能の良いもの、かつ、令和2年度燃費基準値を達成したもの

概ね25パーセント軽減(乗用・営業用車に限る)

平成30年排出ガス規制に適合し、かつ、平成30年排出ガス基準値より50パーセント以上窒素酸化物等の排出量が少ない軽自動車。または平成17年排出ガス規制に適合し、かつ、平成17年排出ガス基準値より75パーセント以上窒素酸化物等の排出量が少ない軽自動車。
上記に加え、令和12年度燃費基準値より70パーセント以上燃費性能の良いもの、かつ、令和2年度燃費基準値を達成したもの

(注)軽自動車税(環境性能割)については、関連リンクをご参照ください。

このページに関するお問い合わせ

市民部 市民税課
電話番号:042-481-7191~7
ファクス番号:042-489-6412
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。