(1月17日発表)郷土学習展「ちょっと昔の暮らし 1964年オリンピックのころ」

2017年2月22日 更新

子どもたちの学習のために

郷土学習展は、小学校3年生の社会科学習で、団体見学が集中する時期にあわせて実施しています。博物館に来館した子どもたちが、昔の道具や暮らしの様子を調べられるように、収蔵資料の中から生活に密着した道具を取り上げ、わかりやすい説明とともに展示しています。
(注)期間中、市内の小学校が団体見学に来館していることがありますが、見学は可能です。

2020年オリンピックに向けて

今年度は、特に2020年の東京オリンピック・パラリンピックを目前に控えた時期でもあるため、市民から提供されたポスター・入場券・公式プログラムなど、1964年東京オリンピックの資料も展示しました。
1964年の暮らしを考えながら、来たる東京オリンピック・パラリンピックへの関心を高める機会になればと考えています。

懐かしい道具で思い出語りを

大人の方にとっては、見たことがあるもの・使ったことがあるものなど、記憶をくすぐる道具が展示されています。同世代同士、また親子など異なった世代間でも、楽しく語り合いながらご覧いただけるのではないでしょうか。
実物の道具を使って脳を活性化させることは、「地域回想法」として、各地で博物館と福祉施設の連携事業としても行われています。

展示期間

平成29年3月26日(日曜日)まで

開館時間

午前9時から午後4時まで

休館日

毎週月曜日(祝日の場合は翌日)

展示会場

調布市郷土博物館第1展示室

交通

京王線京王多摩川駅下車徒歩4分

資料点数

約120点(写真パネル含む)

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 郷土博物館
電話番号:042-481-7656
ファクス番号:042-481-7655
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。