飼い犬の登録と狂犬病予防接種の手続きについて知りたい

2017年2月1日 登録

質問1

飼い犬の登録について知りたい。

回答1

狂犬病予防法に基づき、生後90日を経過した犬は、飼い始めてから30日以内に登録手続きが必要です。
調布市役所8階の環境政策課において、犬の登録を行い、犬鑑札を交付しますので窓口にお越しください。

登録手数料

3,000円
(注)犬の所在地が他の自治体から調布市に変更となった場合は、以前の自治体で交付を受けた犬鑑札を提出いただければ、調布市の鑑札と無料で交換します。犬鑑札を紛失している場合は、再交付手数料として1,600円かかります。

質問2

犬の狂犬病予防接種について知りたい。

回答2

狂犬病予防法に基づき、生後90日を経過した犬は、飼い始めてから30日以内に狂犬病の予防注射を年に1度接種(予防注射接種時期は4月から6月まで)することが義務付けられています。
予防接種が済みましたら、調布市役所8階の環境政策課において、狂犬病予防注射済票を交付しますので、窓口にお越しください。

持ち物

  • 獣医師が発行する狂犬病予防接種済証明書
  • 交付手数料550円
  • 狂犬病予防注射済票(交付・再交付)申請書(郵送されている場合のみ)(ハガキのサイズ)
    (注)狂犬病予防注射済票(交付・再交付)申請書は、窓口においてご記入いただくこともできます。

その他

狂犬病予防注射を接種することにより、犬の健康に悪影響を及ぼすと獣医師が判断した際は、狂犬病予防注射猶予証明書(獣医師の診断書)を窓口までお持ちください。

質問3

犬鑑札や狂犬病予防注射済票を紛失した際の手続きを知りたい。

回答3

再発行を行いますので、調布市役所8階の環境政策課までお越しください。

再発行手数料

犬鑑札再発行手数料1,600円
狂犬病予防注射済票再発行手数料340円

質問4

犬の転入・転出手続きについて知りたい。

回答4

犬の所在地が他の自治体から調布市に変更となった場合

以前の自治体で交付を受けた犬鑑札を、調布市役所8階の環境政策課にご提出いただければ、調布市の鑑札と無料で交換します。犬鑑札を紛失している場合は、再交付手数料として1,600円かかります。

犬の所在地が調布市から他の自治体に変更となった場合

移動先の自治体の犬登録窓口にて、登録事項の変更手続きを行ってください。その際、調布市の犬鑑札を、移動先の窓口にてご提出ください。調布市での手続きは不要です。

質問5

犬の死亡手続きについて知りたい。

回答5

犬が死亡した場合は、30日以内に調布市役所8階の環境政策課にて、飼い犬の死亡届を届け出てください。来庁できない場合は、お電話にてご連絡ください。

質問6

犬の飼い主を変更したい。

回答6

飼い犬の登録事項変更を行ないますので、調布市役所8階の環境政策課までお越しください。

このページに関するお問い合わせ

環境部 環境政策課
電話番号:042-481-7086・7087
ファクス番号:042-481-7550
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。