劇団芸優座 観劇事業「昇らぬ朝日のあるものを」幻のオリンピアン

2019年8月8日 更新

オリンピック・パラリンピック関連事業として、観劇事業を実施します

本作品は、1940年に東京で開催される予定だった幻のオリンピックをテーマとしています。
東京2020大会に向け、観劇活動を通じた機運醸成を図るとともに、作品の背景にある平和の尊さを改めて認識できる機会とするため、市主催事業として実施します。
また、ロビーにて、東京2020大会に向けた市の取組等について展示を行うほか、広島平和派遣に参加した中学生「ピースメッセンジャー」が作成したメッセージボード等も展示します。公演の前後にぜひご覧ください。

公演名

「昇らぬ朝日のあるものを」幻のオリンピアン

日時

令和元年8月21日(水曜日) 午後3時開演 (開場 午後2時30分)

場所

調布市グリーンホール 大ホール

あらすじ

舞台は、アジアで初めてオリンピックが開かれると決まった東京。湧き上がる興奮が一段落ち着いた頃。ある町の片隅に、オリンピックを縁として、男と女が引き寄せられていく。
選手として将来を嘱望されながら、酒が原因で居場所をなくした男。怪我に泣き、オリンピックを諦めようとする男。オリンピックで一儲けしようともくろむ男。信義のためにもオリンピック開催そのものを諦める男。そして彼らを取り巻く女たち。それぞれがオリンピックを目指すことで、人生を取り戻そうとするのだが、やがて。

主催

調布市

費用

無料
(注)当日、直接会場へお越しください。(先着順500人)

バックステージツアー

作品の制作意図や歴史的背景について作者から話を伺うことができます。また、大道具や照明などの解説付きで幕が上がる前の舞台裏 (ご希望者は舞台上に上がって)を見学ができます。

時間

午後1時集合 (直接グリーンホール大ホール内へ)
(注)集合時間に遅れた場合、会場内に入れない可能性があります。

問い合わせ

公演・バックステージツアーについて 劇団芸優座 電話番号042-489-4555

その他 文化生涯学習課 電話番号042-481-7139

関連情報

調布市民放送局が本観劇事業の告知番組を制作しました。詳細は次の外部リンクをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

生活文化スポーツ部 文化生涯学習課
電話番号:042-481-7139・7140・7745
ファクス番号:042-481-6881
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。