(4月24日発表)平成29年度春の特別展「武者小路実篤の出版事情」

2017年4月25日 登録

武者小路実篤の出版事情 「白樺」「大調和」を中心に

実篤が1910年に同人雑誌「白樺」を創刊して以来、ほぼ切れ目なく主宰雑誌を持ち、出版依頼が途切れれば自ら主体となって出版社を興してでも執筆を続けました。「白樺」は全160号、順調に発行し続けられたようにみえますが、内実はどうだったのでしょうか。展覧会では、発行所や印刷所・製版所など、あまり注目されることの少ない出版の裏方や裏事情にも注目します。

また、実篤が雑誌「大調和」を創刊して90周年目にあたります。生涯を通じて幅広い交友を持った実篤の人脈の源泉の一つはここに見いだせると言えるでしょう。

そのほか、実篤の発案で作られた日本で最初の文庫本「村の本」や自作を振り返る機会ともなった全集の刊行などを取り上げ、絶え間なく続いた実篤の出版活動をたどります。

主な出品作品

  • 同人雑誌「白樺」創刊号表紙(1910年4月)
  • 「白樺」版元 洛陽堂主人 河本亀之助の写真(撮影年不詳・個人蔵)
  • 関東大震災で発行目前の「白樺」とともに焼けた三秀舎の印刷機
    東京都復興記念館所蔵(出品は写真パネルのみ)

展示解説

  • 日時 5月14日(日曜日)、6月2日(金曜日) 午後1時30分から45分間程度

(注)申込み不要。時間までに展示室へお集まりください。

講演会「白樺」を支えた洛陽堂主人 河本亀之助

「白樺」の版元が洛陽堂に決まった経緯や発行の実状について、主に発行者側の視点から語っていただきます。

  • 日時 5月28日(日曜日) 午後1時30分から3時まで
  • 会場 東部公民館
  • 講師 田中 英夫氏
  • 定員 50名
    (注)申込みは往復はがきで5月14日(日曜日)必着締切。
    記載事項は下記、武者小路実篤記念館ホームページ、または問い合わせにてご確認ください。
    多数抽選。
  • 参加費 無料

問い合わせ

一般財団法人調布市武者小路実篤記念館

このページに関するお問い合わせ

教育部郷土博物館
電話番号:042-481-7656
ファクス番号:042-481-7655
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。