(5月12日発表)せんがわシアター・セレクト

2017年5月15日 登録

せんがわ劇場 演劇コンクール・グランプリ受賞2作品同時上演

演劇コンクールでグランプリを受賞した、劇団820製作所「踏みはずし(Ritake)」(第5回受賞)とTHEATRE MOMENTS「パニック」(第4回受賞)の2作品を一挙同時上演します。 

公演日程

  • 6月25日(日曜日) 午後4時開演
  • 6月29日(木曜日) 午後7時30分開演
  • 6月30日(金曜日) 午後7時30分開演
  • 7月1日(土曜日) 午後3時開演・午後7時30分開演
  • 7月2日(日曜日) 午後3時開演 

(注)6月25日(日曜日)終演後アフタートーク有り。ゲスト・徳永京子さん(演劇ジャーナリスト)。その他の日程でも終演後にアフタートークを予定。

劇団820製作所とは

820製作所(はにわせいさくしょ)は2004年に旗揚げをし、東京圏を活動の拠点として演劇の公演を重ねてきました。「本当はそこにあるおとぎ話」をキャッチフレーズとして、生活と人、人と世界のあいだに横たわる詩を、わたしたちの背後に広がるものがたりを、作品化することを試みています。2017年、FFAC企画「一つの戯曲からの創作をとおして語ろうvol.6」最優秀作品賞、観客賞受賞。
「踏みはずし(Retake)」は、第5回せんがわ劇場演劇コンクールでグランプリほか、演出賞、脚本賞、俳優賞(洞口加奈)を受賞。 

THEATRE MOMENTSとは

佐川大輔、中原くれあを中心に、2004年設立。「日本発のワールドスタンダード演劇を作る」事が目標。シェイクスピア、カフカなどの舞台化は、古典を現代に甦らせる演出として、高く評価されている。「想像から創造へ」を合言葉に集団創作を行い、俳優の身体性や、アンサンブル力、小道具の見立てを駆使し、劇空間を変幻させる世界観は、演劇ならではの独自性を持つ。近年は、マカオやオーストラリアに招聘されるなど、海外へも活動の幅を広げている。
「パニック」は、第4回せんがわ劇場演劇コンクールでグランプリほか、オーディエンス賞、演出賞を受賞。

このページに関するお問い合わせ

生活文化スポーツ部 文化振興課せんがわ劇場
電話番号:03-3300-0611
ファクス番号:03-3300-0614
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。