市長コラム「手をつなぐ樹」第131号 あの年の3月

2009年3月5日 登録

調布市長 長友貴樹の写真

あの年の3月

 春3月。進学、就職、転勤など旅立ちの季節。
 今から7年前の3月某日の昼下がり。私はリスボンの小さなレストランにいた。26年間のサラリーマン生活で国内外の出張は100回にも及んだだろうか。そして結果的に最後となった出張で訪れたのが、カスピ海のほとりのアゼルバイジャンとユーラシア大陸の西端ポルトガルだった。日本に帰ればただちに辞職願を提出する。心はすでに決まっていた。
 しかし、仕事を終えて帰国する日の昼食を一人でとりながら思いは単純ではなかった。学校を出てからの四半世紀を超える歳月は長くも短くも感じられた。就職時の感慨、初めての出張、海外赴任。そしてその間の結婚、子どもの誕生など、脈絡もなく、また時の流れが相前後しながらさまざまな記憶がよみがえってくる。ただ、長く感傷に浸っているいとまはない。それよりも、この先経験することになるであろう非日常的な日々に対する漠然とした不安に心はさいなまれる。当然のことながら。そして、何としても家族を守っていかなければならないと身を固くする。
 長い人生の中で、誰しも何度かの大きな決断を迫られるのだろう。春3月、この時期になると必ずあの時を思い返す。今もまだ深い感傷には浸れない。

調布市長 長友 貴樹

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。