(5月23日発表)深大寺でお田植えの儀

2017年5月24日 登録

国宝 白鳳仏の前で懐かしい早乙女姿でお田植えを行う

調布市の姉妹都市である長野県北部にある木島平村と深大寺の共催で「お田植えの儀」を行います。

この儀式は豊作祈願を目的として執り行う神事で、深大寺の張堂住職と木島平村長らが田んぼに見立てた桶に田植えを行います。また、昔の早乙女衣装を着た早乙女たちも一緒に神事に参加します。神事は本年国宝に指定された白鳳仏のある深大寺釈迦堂の前で執り行います。

桶に田植えをした稲は秋まで深大寺で育てられ、10月に行われる稲刈りの儀において収穫します。収穫した稲は縁結び開運のお守りになります。
なお、早乙女には今年入所した市の職員が務め、姉妹都市交流の発展に努めます。

日時

平成29年5月27日(土曜日)
午後2時30分から

会場

深大寺境内(調布市深大寺元町5-15-1)

内容

  • お練り(深大寺境内を列になって練り歩きます)
  • 御祈祷(深大寺の張堂住職による御祈祷)
  • 植苗(張堂住職・木島平村長・早乙女らによる植苗)

その他

木島平村から職員が来て、特産品の販売や村のPRを行います

このページに関するお問い合わせ

生活文化スポーツ部文化振興課
電話番号:042-481-7139
ファクス番号:042-481-6881
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。