加算(総合事業事業者用)

2022年4月1日 更新

加算について

各種加算を算定する事業所は、事前に市へ届け出る必要があります。ダウンロードから提出書類を入手していただき、各種加算に必要となる書類の提出をお願いします。
また、算定している加算を変更する場合も同様の手続きが必要となります。
なお、加算の算定要件を満たさなくなった場合や満たさなくなることが明らかな場合も、速やかに届け出るようお願いします。

(注)介護職員処遇改善加算及び特定処遇改善加算の概要及び必要書類等の詳細は、下記の関連リンクをご覧ください。

提出書類

  1. 算定に係る体制等に関する届出書(参考様式9) 
  2. 総合事業費算定に係る体制等状況一覧表(参考様式10)
  3. 該当届出事項に必要な添付書類

提出期限

適用月の前月15日まで

(注)提出が遅れた場合や書類の不備・不足等で期日までに内容を確認できなかった場合は、翌々月以降の算定開始となりますので御注意ください。

提出方法

窓口に持参または郵送してください。
(注)控えを希望する事業者は、写し及び返信用封筒(切手)を同封してください。

提出場所

郵便番号182-8511
調布市小島町2丁目35番地1
調布市福祉健康部高齢者支援室計画係 行

過誤申立について

東京都国民健康保険団体連合会(以下、国保連)の審査において決定済の介護給付費及び総合事業費の請求に誤りがあった場合は、過誤申立書の提出が必要となります。詳細は、下記の関連リンクをご覧ください。

事業所評価加算について

事業所評価加算は、選択的サービス(運動器機能向上サービス、栄養改善サービス、口腔機能向上サービス)を行う通所型サービス事業所について、効果的なサービス提供を評価する観点から、評価対象期間(各年の1月から12月までの期間)において、利用者の要支援状態の維持・改善の割合が一定以上となった場合に、当該評価対象期間の翌年度における通所型サービスの提供について1月につき120単位を加算するものです。

令和4年度事業所評価加算について

事業所評価加算を算定するには、事前に同加算の算定を希望する申出を行った上で、国民健康保険団体連合会による評価を受け、一定の評価基準を満たすと判定された場合に算定することができます。
令和4年度事業所評価加算の算定を希望する場合は、提出期限までに下記書類の提出をお願いします。なお、令和3年度以前に調布市へ申出をしており、令和4年度も引き続き算定を希望する場合は届出書の提出は不要です。申出を取り下げる場合は、書類を御提出ください。

(注)加算の要件を満たしていても、調布市へ事前の申出がない場合には算定できません。
(注)基準を満たさない場合には、申出を行っていても加算の算定はできません。 

算定要件について

  1. 定員利用、人員基準に適合しているものとして調布市に届け出て、選択的サービスを行っていること
  2. 評価対象期間における当該事業所の利用実人員が10人以上であること
  3. 選択的サービス実施率(利用実人員数のうち選択的サービス受給者実人員数の割合)が60パーセント以上であること
  4. 要支援度の維持者数と改善者数(2倍で算定)を合わせた数を、評価対象期間内に選択的サービスを3月以上利用し、その後に更新・変更認定を受けた者の数で除した値が0.7以上であること

提出書類

  1. 総合事業における事業所評価加算に係る届出書
  2. 総合事業費算定に係る体制等状況一覧表(参考様式10)

提出期限

令和3年10月15日(金曜日) 必着

提出方法

郵送または持参

郵便番号182-8511
調布市小島町2丁目35番地1
調布市 高齢者支援室 計画係 宛

このページに関するお問い合わせ

福祉健康部 高齢者支援室 高齢福祉担当
電話番号:042-481-7149
ファクス番号:042-481-4288
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。