市長コラム「手をつなぐ樹」第307号 バトンの重み

2017年9月5日 登録

調布市長 長友貴樹の写真

バトンの重み

 明治時代に生まれた方は、現在、日本中に総勢何人おられるのだろうか。各種人口統計を見ても、そのような数字は案外見当たらないらしい。推計では約1万人とも言われる。それでは大正生まれの方は?
 そう考えながら、当該世代の方々が極めて少なくなった現時点において、その下の自分たちの世代がすでに社会の様々な局面における主導的立場を担っているという至極当たり前のことを改めて意識する。否、「担っていた」という表現のほうが正確かもしれない。もはや還暦も過ぎて、組織における役割も一旦終了した方が多くなっている年代なのだから。
 過ぎ去ってみればあっという間にも思えるが、最近、一体我々の世代は、数十年の社会生活の中で国の発展に関して十分な貢献を果たしたと言えるのだろうか、と自問することが多い。その答えは歴史的評価に委ねるしかないのかもしれないが、現存する国内外の解決困難なさまざまな課題に思いを致すとき、次世代以降の人たちに対する自責の念が多少残るというのが正直な気持ちだ。かたや、上の世代に対してはやはり、戦後の復興からわが国を繁栄へと導かれたことに対する敬意を覚えざるを得ない。
 果たしてどの国、どの時代も、このような形で世代間の継承がなされていくものだろうか。

調布市長 長友貴樹

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。