(9月26日発表)講座「祖父・武者小路実篤の思い出」

2017年9月26日 登録

文豪の素顔は祖父馬鹿でふざけん坊

武者小路実篤は、「白樺」で世に出た理想主義の作家として、また野菜や花の絵に「仲よき事は美しき哉」などの言葉を添えた絵や、新しき村の創設など、多くの業績で知られています。

その業績と作風、また写真の和服姿の真面目な顔などから、謹厳なイメージを持たれがちですが、素顔の実篤は「お祖父ちゃんはお相撲さんだったんだ」などと嘘をついて孫達をからかう愉快なおじいさんだったと言います。8歳まで同じ家に暮らし、学生時代はよく仙川の家へ遊びに来ていた孫から見た、素顔の武者小路実篤について、思い出を語ります。作家がぐっと身近に感じられる、意外なエピソード満載です。

講師

武者小路知行氏
(実篤孫、一般財団法人調布市武者小路実篤記念館理事長)

日時

平成29年10月15日(日曜日) 午後1時30分から3時まで

会場

調布市東部公民館 学習室
(京王線仙川駅より徒歩8分 実篤公園入口より徒歩1分)

定員

30名

参加費

無料

申し込み

往復はがきの往信面に講座名、応募者全員(1枚で2名まで)の氏名とふりがな、年齢、郵便番号、住所、電話番号、返信面にご自身の宛先を明記の上、10月1日(日曜日)必着で実篤記念館まで。
(応募者多数の場合は抽選。締切後、定員に余裕がある場合は10月3日(火曜日)午前9時から10月14日(土曜日)午後5時まで先着順で電話にて受付。)

実篤と孫・知行の写真

問い合わせ

一般財団法人調布市武者小路実篤記念館

郵便番号 182-0003
住所 東京都調布市若葉町1-8-30
電話番号 03-3326-0648
ファクス 03-3326-1330

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 郷土博物館
電話番号:042-481-7656
ファクス番号:042-481-7655
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。