第35回調布市民スポーツまつりが開催される

2017年10月12日 登録

親子でさまざまなスポーツを体験

10月9日(祝日)に、味の素スタジアムとその周辺施設で、第35回調布市民スポーツまつりが開催されました。当日は秋晴れの中、約2万2500人の方が来場し、汗をかきながらスポーツを楽しんでいました。

自由参加アトラクションの「スポーツ体験」エリアでは、ボッチャやネオホッケー、グラウンドゴルフなどに多くの人が集まり、子どもから大人までいっしょになって楽しんでいました。また、「サッカーエリア」のサッカーボウリングやFC東京キックターゲットでは、子どもたちが夢中でボールを蹴っていました。
そのほか、ステージエリアではチアまつり、フラまつりで、子どもから大人までが素敵な踊りを披露し、スタンドからは大きな声援が送られていました。

スポーツまつり入口からの味の素スタジアムの写真ボッチャを体験する子どもたちの写真
ネオホッケー体験の写真フォークダンスを体験する方の写真
アトラクションに参加する少年の写真スナッグゴルフ体験の写真FC東京キックターゲットに調整する子どもの写真FC東京キックターゲットでボールを蹴る少年の写真
ローラースケート体験の写真スタンプラリー景品交換所の写真
ステージでのチアまつりの写真ステージエリアのチアまつりの写真

アフラックスポーツガーデン

また、調布市民スポーツまつりで、「アフラック スポーツガーデン」が同時開催されました。
トップアスリートと一緒に体験できるコーナーの「走り方教室」では、北京オリンピック陸上日本代表の堀籠佳宏さんによる実践を交えた指導が行われました。
走り方教室でジャンプする子どもたちの写真ダッシュの練習をする子どもたちの写真

そのほか、ペデストリアンデッキでは、車椅子バスケットボールやフランイングディスク体験コーナー、帽子の上にラグビーボールを乗せて陣地を奪い合う「HAT RUGBY」、「がんを知る展」などが実施されました。
また、スタジアム内のステージでは、小児がん患者支援のための募金の贈呈式が行われました。
アフラックスポーツガーデンの入り口の写真車椅子バスケットボール体験の写真
フライングディスク体験の写真HUT RUGBY体験の写真
がんを知る展の写真ステージエリアでの寄付金贈呈式の写真

ラグビースペシャルステージ

ステージエリアでは、アフラックスポーツガーデンのラグビースペシャルステージも開催され、日本ラグビー界を代表する元日本代表の大西将太郎さんやタレントの吉木りささん、現役ラガーマンの德永 祥尭選手(とくながよしたか 東芝ブレイブルーパス)、流 大選手(ながれゆたか サントリーサンゴリアス)、鈴木 彩香選手(すずきあやか アルカス熊谷)によるトークショーが行われ、会場を盛り上げました。
左から吉木りささん、大西将太郎さん、徳永選手、ながれ選手、鈴木選手の写真ラグビー界のレジェンド 大西さんの写真
ラグビーボールのパスの実践の写真ラグビーを体験する子どもの写真

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。