市長コラム「手をつなぐ樹」第310号 あと1000日を祝して

2017年10月20日 登録

調布市長 長友貴樹の写真

あと1000日を祝して

 調布の花火大会を毎年心待ちにしておられる方がこんなにも多いのか、ということを今春以降痛感させられている。「今年は秋の開催になるんですって」との質問を百回ほども受けただろうか。有難いことだ。
 「映画のまち調布“秋”花火2017」。来週28日の開催がいよいよ間近となった。澄み切った夜空に華麗な9000発の大輪の花が咲く。どうか大勢の方にご堪能いただきたい。
 すでにご紹介した通り、調布駅前の大型商業施設「トリエ京王調布」の開業に呼応して、市内全域で一層の商業活性化を図ることを目的に、9月末から「調布100日まつり」と銘打ってさまざまなイベントを実施しており、花火大会もその一環として秋に開催するものだ。当日は、今月催された「調布市商工まつり」にて選ばれた3人の新たなミス調布の方々にも調布市観光親善大使として彩りを添えていただく予定だ。
 今一つ、10月28日は東京オリンピック開幕のちょうど1000日前にあたる。先日も世界水泳選手権の銅メダリストで市内「アクラブ調布」所属の3選手が結果報告のため市役所にお見えになった(註)。オリンピックでの健闘を心から期待するものだ。それを含め、日本選手団の大活躍への思いも込めて威勢よく花火を打ち上げたい。

調布市長 長友貴樹

(註)ハンガリー・ブダペストで7月14日から30日の期間開催された第17回世界水泳選手権大会シンクロナイズドスイミング競技において、チームテクニカルとフリーコンビネーションで銅メダルを獲得した小俣夏乃選手、河野みなみ選手、大澤友里子選手(フリーのみ)が表敬訪問。

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。