市長コラム「手をつなぐ樹」第313号 武蔵野の森に

2017年12月5日 登録

調布市長 長友貴樹の写真

武蔵野の森に

 「武蔵野の森総合スポーツプラザ」竣工と聞いて、みなさんはすぐに何のことかお分かりになるだろうか。味の素スタジアムの正面入り口から道を挟んだ向い側に大きな施設が建築中でしたよね、と申し上げると思い当たって頂けるかと思う。
 そう、東京都が建設した総合スポーツ施設が完成し、11月25日にいよいよオープンの日を迎えたのだ。その内容は、総面積3万平方メートルで、大小2つのアリーナ(体育館)と50メートル屋内プールを擁している。大アリーナは4900平方メートルで1万人の収容能力を誇る。小アリーナもバスケットボールコート2面分を有し武道場にも転用できる。これで、各種スポーツの国際大会や音楽の大コンサートが開催可能なスポーツ・文化イベントの一大拠点が市内に誕生したことになる。
 思い返せば、しみじみと幸運を感じる。この施設の建設が都によって決定された後に2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催が決定したわけで、同施設の存在により、味スタにおける競技実施に加えて数種目の競技枠(註)が多摩地域にも割り当てられることになったのだ。
 施設の誕生に臨み、これを一つの起爆剤として、調布市のみならず多摩地域全体の観光、文化、産業振興につなげていく方策を今後、各分野の方々と話し合っていきたいと考えている。

調布市長 長友貴樹

(註)味の素スタジアム(東京スタジアム)では、東京2020オリンピック競技大会の7人制ラグビー、近代五種(水泳、馬術、ランニング、射撃)、サッカーが実施され、武蔵野の森総合スポーツプラザでは、東京2020オリンピック競技大会の近代五種(フェンシング)、バドミントンと東京2020パラリンピック競技大会の車いすバスケットボールが実施されます。

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。