市長コラム「手をつなぐ樹」第314号 帰りなんいざ

2017年12月20日 登録

調布市長 長友貴樹の写真

帰りなんいざ

 社会生活も40年を超えるほどになると、思い起こして本当にたくさんの方にお世話になったなあとしみじみ思う。
 そのうちの尊敬する先輩の一人が、ある時仰った。東京に就職が決まって、いよいよ生まれ育った郷里を後にしようとした時、父上がはなむけの言葉としてこう言われたそうだ。「思い切ってやってこい。困難にくじけることなく全力で頑張れ。一度や二度うまくいかなくとも決して諦めるな。成果を上げるまでとことん粘れ。安易に弱音を吐くことは許さん」と。しかし、その言葉にこうも付け加えられたそうだ。「だがな、最後の最後まで全力を傾注して、それでもうまくいかなかった時、万策尽くしてなお武運つたなく、人に頭を下げるのを潔しとしない時は、その時は帰ってこい。尾羽(おは)打ち枯らす前にな。ふるさとはいつでもおまえを迎えてやるぞ」。
 私も親から多少似たようなことを言われたことがある。子を思う親の心情は同様なのだろう。
 年の瀬を迎える頃になると、いつも脈絡なく折々の人の顔が浮かんでくる。

 皆様はこの1年をどのように過ごされましたでしょうか。明年がすべての方にとりまして幸多き年となりますことを心からお祈り申し上げます。

調布市長 長友貴樹

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。