(2月7日発表)ちょうふ在宅医療ガイドブックを作成

2018年2月8日 登録

住み慣れた調布市でいつまでも暮らすために

ガイドブックの画像

必要なサービスを受けながら、できる限り住み慣れた自宅などで暮らしたいと思う方が増えています。
調布市では、医療、介護を支える団体(医師会、歯科医師会、薬剤師会、介護支援専門員調布連絡協議会、介護保険サービス事業者調布連絡協議会、地域包括支援センターなど)の代表と家族介護者の会の代表が集まり、在宅医療の仕組みや相談先についてまとめ、ちょうふ在宅医療ガイドブックを作成しました。
医療や介護が必要な方が安心して主体的な生活が送れるよう、また家族の身体的、精神的負担が軽減できるよう、在宅医療に関して情報をまとめるとともに、終末期のあり方を考える大切さについて啓発したものです。
できるだけわかりやすい言葉づかいを使い、若い世代にも読んでもらえるように心がけました。

主な内容

  1. 在宅で受けられる医療とは
  2. 在宅医療を支えるネットワーク
  3. 在宅医療の相談窓口
  4. 在宅医療を安心して続けるためのQ&A
  5. 在宅医療を支える機関 マップ一覧

発行部数

2,750部

配付場所

調布市役所2階高齢者支援室、地域包括支援センターなど

このページに関するお問い合わせ

福祉健康部 高齢者支援室 高齢福祉担当
電話番号:042-481-7150
ファクス番号:042-481-4288
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。